2008年04月08日

皇太子妃のご母堂・小和田優美子さんは「日本ユニセフ協会」の評議員  

http://www.unicef.or.jp/about_unicef/about_off.html

日本ユニセフ協会 評議員  小和田優美子


※ なお、小和田優美子さんの祖父である江頭安太郎氏は海軍中将であった。

※ 日本を代表する名家の出身者である近衛忠W氏や佐竹敬久氏なども、日本ユニセフ協会の評議員を務めている。  


★なお、日本ユニセフ協会

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%82%BB%E3%83%95%E5%8D%94%E4%BC%9A

http://tanukur.blog8.fc2.com/blog-entry-281.html

http://tanukur.blog8.fc2.com/blog-entry-412.html

の会長代行(副会長)である東郷良尚(東郷平八郎元帥の係累)氏に関しては、「ゴンベイ」氏が情報を収集している。

             ↓

澄田(注:澄田智・元日本銀行総裁)がユニセフ協会会長に就任したのが1993年の77歳の時。その後長年会長を務めたが、92歳の高齢により2008年2月29日をもって会長職を退任。現在は副会長の東郷良尚(元専務理事)が会長代行。
年齢的にも澄田が会長の責任を担えていたと思えるのはせいぜい80代なかばぐらいまでで、2000年以降のユニセフ協会の胡散臭い動きの中心は東郷良尚であると考えた方がよいのではありませんか。


「エルネオス05年12月号Special Feature!
http://www.elneos.co.jp/0512sf2.html
同協会の募金額が急増し始めたのは、東郷平八郎元帥の係累にあたる東郷良尚氏が専務理事になった92年度以降のこと。日本航空のサラリーマンから同協会に転じた東郷氏は、それまでの橋本正氏(橋本龍太郎・元首相の母)の下で行われていた慈善事業的な運営手法の代わりに、企業的な経営手法を導入した。この結果、協会が募金から年度ごとにユニセフに拠出する額は、92年度の26億5000万円から2000年度には103億5000万円と100億円を突破、04年度には136億円に達している。


通信教育・海外留学・イギリス/英国立リーズ大学
http://academy.meiji.jp/ccs/top/images/leeds2.htm
【東郷 良尚氏 プロフィール】
 1957年3月学習院大学政経学部卒業、2002年12月英国国立リーズ大学大学院修了、国際学修士。大学卒業後、日本航空株式会社入社。ロンドン支店、本社営業部国際旅客機、ブエノスアイレス営業支店長、コペンハーゲン支店長(兼)コペンハーゲン空港支店長などを歴任し、1987年7月本社AXESSセンター部長を経て、現職。世界の子どもにワクチンを日本委員会副理事長、(社)日本ウォーキング協会学識経験者評議員、(社)青少年育成国民会議理事、(社)日本ユネスコ協会連盟評議員。

東郷 良尚からのメッセージ NPO法人 ひまわりの会
東郷良尚理事(カラー顔写真入)
http://www.npohimawari.or.jp/message/message/tougou/

東郷良尚のモノクロ顔写真
http://0108.tv/message_page/supporter/tougou.htm



こちらも情報収集に励んでいらっしゃるようです。
Screaming Air - livedoor Blog(ブログ)
http://blog.livedoor.jp/dokukinoko5/

posted by はなゆー at 18:42| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック