この記事へのコメント
リチャード・ギヤ氏の母国は米国ですね。
リチャード・ギヤ氏がANSWER Coalitionや、Democracy Now などで侵略戦争を批判しているのでしょうか。
してないのではないかなと予想しているのですが、もしギヤ氏が侵略批判を行っていたら、そのURL等を教えてくださいませ。

他人の目にある藁くずは見えるが、自分の目にある梁は問題にしないという、殺す側にありがちな2重規範なのではと、懸念しております。
Posted by 反戦父ちゃん at 2008年04月10日 19:10
残念なことにデッドリンクとなっていますが
http://members.jcom.home.ne.jp/katori/imagine3.html
俳優・リチャード・ギア、ブッシュに直撃弾−「いつ、アメリカが他国の国民のことを考えた?」
Posted by はなゆー at 2008年04月10日 20:07
情報ありがとうございます。

リチャード・ギヤ氏が2重規範の人ではないことがわかりました。

ギヤ氏の侵略戦争批判がさらに焦点をあてられて、エイミーグッドマンさんとの動画などで見られるようになることを期待しました。

あまり問題にもされませんが、イラクは破壊破壊破壊中です。http://dahrjamailiraq.com/hard_news/archives/iraq/000787.php

強盗どもが憎たらしいが、とにかくにも、侵略されている人々が生き延びて生き延びてほしいと思います。


Posted by 反戦とうちゃん at 2008年04月10日 20:45
4/12現在もダライ・ラマの日米での会見報道を引き連れてGoogleニュース国際欄の常にトップに表示されているのが4/11付け中国官製メディア記事(笑

国際 »
チベット暴動事件 CRIリスナーからの声
人民網日本語版 - 2008年4月10日
中国チベット自治区のラサで発生した暴動で、CRI・中国国際放送局の公式ホームページ「CRIオンライン」ではこのほど、39の外国語によって事件の真相について報道していますが、世界各国のインターネット利用者の間で反響を呼んでいます。皆、Eメールや手紙などを通じて ...

4/12の以下の記事を抑えてトップ表示だから恐れ入る。
ダライ・ラマ、五輪ボイコット支持せず・米NBC番組で 日本経済新聞
ダライ・ラマ、五輪ボイコット改めて反対表明…米テレビに 読売新聞

なお、Googleニュース上では国際欄のトップに中国官製メディア記事が来ることが今回に限らず頻繁に起きている。
Posted by ゴンベイ@オルタナティブ道具箱 at 2008年04月12日 15:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック