2008年04月12日

〔付箋〕洞爺湖でのサミット開催を進言したのは警察庁長官か?

508 名前:大分者 ◆NeTnPphJw2
投稿日:2008/04/12(土) 01:52:29

「サミット洞爺湖がいい。警備しやすい」と進言したのは警察庁長官

洞爺湖開催となれば、会場になるのは必然的にウィンザー洞爺湖

ウィンザー洞爺湖の経営は警察天下りを受け入れているセコム

セコムの会長は経団連の理事かなんか

山口県美祢に初の民間経営刑務所誕生。経営はセコム


★セコム会長の飯田亮氏は「経団連行政改革推進委員長代行」である。


《関連記事》

☆セコム経営のホテルがサミットの会場になった理由 (2007年5月31日の「FACTA」)

http://www.asyura2.com/07/senkyo35/msg/588.html

ホテルは一時閉鎖された後、警備会社のセコムによって買収され、02年6月に現在の形で再開された。当地に白羽の矢が立ったのは、警備がしやすいだけでなく、安倍首相の縁戚である牛尾治朗ウシオ電機会長の推薦もあったようだ。牛尾氏とセコムの創業者、飯田亮最高顧問はきわめて親しい間柄。ホテルの宣伝効果は計り知れない。


☆サミット開催地 大逆転で洞爺湖に決定のウラ側 (2007年4月27日の「日刊ゲンダイ」)

http://www.asyura2.com/07/senkyo33/msg/1059.html

「その後、オーナーを引き受けたのが、セコムの会長だった飯田亮氏(現・取締役最高顧問)でした。私財を投入したともいわれている。その飯田氏がウィンザーホテル運営会社の取締役に就任していて、それが今度の疑惑の火種としてくすぶっているのです」(地元業界事情通)

飯田氏といえば、安倍首相の実兄の義父・ウシオ電機会長の牛尾治朗氏とはツーカーの間柄だ。総合規制改革会議や特殊法人改革推進本部参与会議など政府の有識者会議に名を連ね、昨年、刑務所のPFI事業をめぐり、「利害関係のある企業(セコム)の最高顧問が座長を務めているのは問題だ」と国会で指摘されたこともある人物だ。

「サミット招致での観光やPR効果は絶大。ウィンザーホテルはグレードアップで万々歳でしょう。さらに、ホテルはもともと警備業界と関わりが深い。各国の首脳が集まるサミットとなればなおさらです。飯田氏にとってメリットが計り知れないだけに、選考の経緯が怪しまれているのです」(永田町事情通)




アイザックヴァレンチノ16本骨傘☆90cm

posted by はなゆー at 09:22| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もう多分、先にご存知とは思いますが、一応念の為、「情報流通促進計画Byヤメ記者弁護士」のヤメ蚊先生が、刑務所民主化後の犯罪者増加と政治の関係について、米国の恐怖の先行例を報告されてます。
Posted by 田仁 at 2008年04月12日 18:41
暴行:サミット会場の英国人料理長を逮捕 札幌 - 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20080420k0000m040057000c.html
Posted by ゴンベイ at 2008年04月19日 21:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック