2008年04月12日

〔徳政令〕東京都出資ファンドの介在で債務9億7500万円帳消し 

☆債務帳消し 事後に内規変更 都出資のファンド (毎日新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080412-00000048-mai-soci

http://www.asyura2.com/08/senkyo49/msg/228.html

東卸は、都が進める築地市場移転をめぐり賛成派と反対派に割れており、反対派の理事らは「移転に絡めて、都が(賛成派の)理事長らに便宜を図ったのではないか」と指摘している。


★このニュースは今後じわじわと延焼するものと思われる。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


《おまけ〜2007年3月15日の拙稿〜築地市場移転問題で「(移転先)豊洲の土壌汚染は尋常ではない」》

http://alcyone.seesaa.net/article/36042210.html


☆「豊洲の土壌汚染は尋常ではない」…築地市場移転問題 (ZAKZAK)

http://www.asyura2.com/0601/ishihara10/msg/432.html

都は地盤から4・5メートル下までの土壌汚染を基準値以下に処理し、30−40センチのアスファルトで覆うというが、「有害物質の中には揮発性のあるものもあり、都の対策では不十分という指摘もある。汚染された地下水は処理されず、何年後かに地上に染み出してくる」(前出の山崎代表)

(略)

【築地市場移転先の土壌汚染度】

有害物質 環境基準超過倍率 影響や特徴

ベンゼン      1500倍 発がんなど

シアン        490倍 青酸カリ 

ヒ素         49倍 医薬用外毒物

水銀         24倍 水俣病

六価クロム      14倍 気化しやすい

鉛          9.3倍 鉛中毒

(2001年、東京ガス調べ)  


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


☆築地市場移転、豊洲の土壌汚染やっぱり深刻 (2007年2月18日の「日刊ゲンダイ」)

http://www.asyura2.com/07/senkyo30/msg/1196.html

日本環境学会会長で大阪市立大大学院教授の畑明郎氏はこう言う。
「最も懸念されるのは有毒ガス。ベンゼンや水銀、シアンは蒸発して空気中を漂います。アスファルトで舗装しても割れ目から漏れてしまう。それが魚に吸着する恐れがあるのです。また、土ぼこりが舞って、汚染された土壌が直接付着する可能性もある。さらに汚染地下水も危ない。潮が満ちれば地下水位は上昇するし、地震が起きれば液状化現象で地表に噴き出してくる。今でも2、3メートル掘れば地下水が出てくるため、2.5メートルの盛り土くらいではどうにもなりません」

(略)

この問題を追及するジャーナリストの池上正樹氏は、「98年までは都も豊洲への移転には反対で、築地を再整備する方針だった。それが99年、石原知事就任の前後から突然方針転換した」という。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


《関連データー》

http://www.asyura2.com/0601/ishihara10/msg/388.html

「東京都議会オリンピック招致特別委員会速記録第二号」(
http://www.gikai.metro.tokyo.jp/gijiroku/olynpic/d5040012.htm
)より、日本共産党松村友昭議員の質問(
http://www5a.biglobe.ne.jp/~aki-matu/profile/policy01.htm#0603-2
)を引用。

● 谷島東京オリンピック招致本部招致推進部長 豊洲新市場は、平成十六年七月に発表されました豊洲新市場基本計画に基づき、平成二十四年度に開設されることとなっており、計画どおり進捗していると聞いております。

● 松村委員 豊洲の市場移転予定地の東京ガスの所有地の土壌汚染は、発がん性物質のベンゼンは基準値の千五百倍、砒素は四十九倍、検出されないことが基準のシアンが四十九ミリグラム・リットルを記録するという、極めて深刻なものです。しかも、全体が埋立地ですから、土壌汚染されている可能性があります。

 築地市場の豊洲移転に反対する仲卸業者らでつくる市場を考える会は、直下型地震などの災害時に、汚染除去が施されていない地下六メートル以下の汚染土が液状化によって噴出し、市場機能が失われるおそれがあるとして、十月十一日に千四百名もの豊洲移転反対デモが行われました。

 専門家たちも、豊洲は埋立地のため液状化が起こりやすく、地震などが起こったときに、有害物質を含めた土壌がせり出してくる危険があると一様に指摘しているのです。

 今やるべきことは、移転計画を根本的に再検討することではありませんか。オリンピックの名で移転を強行し、都民の食の安全を危機にさらすことは許されません。

 液状化ばかりではありません。加えて、新たに側方流動という現象が起きることが知見されるようになりました。側方流動というのは、地盤が四メートルから五メートル水平方向に移動する現象です。側方流動によって、護岸、橋梁、建物、鉄塔などの基礎あるいは土に埋設されるライフラインなどに重大な被害、影響を及ぼすことになるのです。

 この写真のパネルを見ていただきたいと思います。これは兵庫県南部地震のときの地盤の流動による橋脚の落下等、地盤割れの様子です。このような事態が、メーンスタジアムの晴海、選手村の有明北、築地市場が移転する豊洲のどこでも液状化が起こり、こうした側方流動する危険があるのではありませんか。

 国の方では、国交省が神奈川県の川崎市浮島、千鳥、水江という埋立地コンビナート地区で、側方流動予測の分析対象地で調査しています。地質調査をやって、問題を全面的にとらえ、一体ここでオリンピックをやっていいのかどうか、その是非を検討すべきです。これが世界に対する最低限の責務ではありませんか。

 石原知事のやろうとしているオリンピックの安全について、これからも徹底的に問題を明らかにすることを表明して、質問を終わります。



〔コメント欄より〕

結局、頭の中身が50年前で止まってるから、あのヒトは。

詰まる所、今オリンピックを首都で敢行っても、「笛吹けど踊らず」の公算が強いとか、見えないんでしょうね。

しかし、未だに水俣とか公害全般が、あれだけ騒がれたのに。

時間がフリーズし過ぎって言うか、長男とか、親を止める勇気すら無いので?

新ことわざ「ワンマンは死ななきゃ治らない」

Posted by 田仁 at 2007年03月16日 18:33


posted by はなゆー at 21:12| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック