2008年04月16日

前原誠司氏が食物を粗末に扱う人物だという話は事実なのか?

☆外資族議員の売国勉強会 (ネットゲリラ)

http://shadow-city.blogzine.jp/net/2008/04/post_54f4.html

163 : デグー(湖北省):2008/04/15(火) 16:40:29.24 ID:NkMURuyH0

前原誠司氏は事務所に出勤すると毎日『菓子パン』と『惣菜パン』をそれぞれ一個ずつ食する。それが前原誠司氏の日課だそうです。

そんなある日、新しく入所した『新人女性秘書』が間違って『菓子パン2個』を用意した、即ち『惣菜パン』の用意を忘れてしまった。

そしたら前原誠司氏は『大激怒』して『菓子パンなんか2個も喰えるか!』と大声で怒鳴った、つまり『新人女性秘書』に罵声を浴びせて『菓子パン』をごみ箱に『投げ捨てた』…


★この逸話はネット上のあちこちで目にするが、果たして事実なのかどうか?買ってきたばかりの食物をゴミ箱に捨てるような人物が、民草(特に社会的弱者)をいたわる政治をおこなうようには思えず、悪い意味で気になるエピソードである。


東急百貨店 快適.Net
posted by はなゆー at 05:48| ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かに、食べ物は粗末にしちゃいけないんですが、ゴミ箱直行が仮に事実としたら、最も資質的にヤバいのは極々小さい事でヒステリーを起こす点で、ゴミ箱云々はソレを装飾するエピソードでは?
普通、毎日間違えられたら流石に怒ってもイイけど、1日目位は笑ってタシナめろ!と、塩辛いパン一つでそりゃ、子供だろ?と、そこ迄短気じゃ、人の上に立てないんじゃない?的なトコが政治家のテーマでは?
Posted by 田仁 at 2008年04月16日 21:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック