2008年04月29日

十和田湖の鳥インフルエンザは強毒性の「H5N1型」と断定

posted by はなゆー at 17:41| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
釧路新聞 - 別海で死亡オオハクチョウから鳥インフル
http://www.news-kushiro.jp/news/20080502/200805022.html
環境省釧路自然環境事務所は1日、別海町の野付半島で4月24日に発見されたオオハクチョウの死がいから、鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。秋田県で見つかったオオハクチョウからもウイルスの感染例が見つかったことから、その原因となるA型 ...

札幌テレビ - 野付半島のハクチョウが陽性
http://www.stv.ne.jp/news/item/20080502081429/
根室に近い野付半島でオオハクチョウの死骸を簡易検査した結果、A型インフルエンザウィルスの陽性反応が出ました。オオハクチョウの死骸は札幌に送られ、詳しい検査が行われます。 オオハクチョウの死骸は野付半島で先月24日に一般の人が見つけ、その情報を聞きつけた環境 ...

日本経済新聞 - 北海道でも鳥インフルか・オオハクチョウ「A型」で陽性
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20080502AT1G0104O01052008.html
環境省は1日、北海道東部で見つかったオオハクチョウの死骸を簡易検査したところ、インフルエンザウイルスに感染している可能性があることが分かった、と発表した。札幌市の北海道大学人獣共通感染症リサーチセンターで強毒性のウイルスかどうか調べる。 ...

■産経報道は餓死にしたいのか?

MSN産経ニュース - 鳥インフルのハクチョウは餓死か 北海道
http://sankei.jp.msn.com/life/body/080502/bdy0805020901003-n1.htm
環境省による簡易検査で鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出た北海道・野付半島のハクチョウは、道東野生動物保護センター(北海道中標津町)による解剖の結果、重さ7・5キロのオスの成鳥で、直接的な死因は餓死だったとみられることが2日、分かった。 ...
Posted by ゴンベイ at 2008年05月02日 10:34
確かに、先行して韓国で鳥インフルエンザが出てたんで、産経報道は不自然。
今に始まった事ではないが…。
洞爺湖サミットを、日本政府は何としても(利権上)実施したい筈だが、サミットそのものの意思としては、鳥インフルエンザをハッキリ理由とした変更は行い難いのでは?
もし所を変えるとしても、ソレは別の口実を探すでしょうね…。
世界の首脳陣は鳥インフルエンザが怖い!とカラカワれたんじゃ、面目が立たない?!
Posted by 田仁 at 2008年05月03日 14:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック