2008年04月29日

長野聖火リレー騒動に関する「オーマイニュース」の実見記事

☆中国人を“挑発”したチベット側支援者

http://www.ohmynews.co.jp/news/20080426/24044

一方、中国人側に、先ほどの騒ぎの理由を聞くと、こんな答えが返ってきた。

「我々は『中国がんばれ』『オリンピックがんばれ』と言っているだけ。ところがさっきは、むこう(チベット支援者)が中国語で我々に『帰れ!』という意味の悪い言葉を言ったんです」

(略)

そのとき、チベット側支援者たちが大声で「帰れ!」「虐殺糾弾!」と声を上げ始める。中国人男性個人に向けて言っているわけではないのだが、男性は少し悔しそうな顔をする。しかしすぐに中国人側が「中国がんばれ!」と連呼して応戦したが、そのときには、中国側から明らかな攻撃的態度は見られず、「中国がんばれ!」「オリンピック」という意味の言葉以外はほとんど聞かれなかった。


☆聖火の長野に現れた醜い「ニセモノ」 チベット人の足を引っ張るな! 

http://www.ohmynews.co.jp/news/20080427/24068

チベット人と、これまで彼らを支援してきた日本のグループは、ほぼ全員が8時15分から善光寺で行われた法要に出席している。この点は、橋爪記者自身が、取材を通して確認している。つまり、スタート地点でチベット旗を掲げて騒いでいたのは、チベット人でないどころか、チベット人を支援してきた日本人グループですらない可能性が高いのだ。


☆大混乱!騒然!スタート地点 長野聖火リレースタート地点で小競り合い (動画あり)

http://www.ohmynews.co.jp/photo/20080426/24065

また、一部の日本人が「帰れ!」「虐殺糾弾!」とコールし、中国人グループを挑発する場面も見られた。


☆中国VSチベットは間違い、報道陣困惑 (動画あり)

http://www.ohmynews.co.jp/photo/20080426/24067

「チベットの独立を支援されてる方ですか?」との記者からの質問に、チベット旗を持つ日本人が「単純に中国が嫌いなだけだ」と答えるシーンもあった。


《関連証言》

http://www.asyura2.com/08/asia11/msg/215.html

まず、長野駅前のグループと善光寺周辺のグループと
チベット擁護の活動家は2グループに分かれてたんですよ

善光寺のグループは、チベットの暴動で死んだチベット人の
法要をやってて、外国人の活動家や日本の人権派もほとんど
コッチに居たんですよ

駅前は、チベットをネタにして中国批判してる右翼活動家と
祭りに便乗してるニワカ擁護者ばっかりだったのよ

警察がチベット擁護派を離してるんじゃなくて、右翼を警戒してたの

警察は、早朝からすれ違う車のほとんどが覆面パトカーだったし
私服警官の迷彩度も数もすごかった、まぁ見破りましたがw

スタートの空き地、もとい、裁判所跡周辺で我々は観てたんですが
右翼の車両が近づいてるって判明したら、すぐ区画封鎖してたしね

「右翼来てるから、フェンス閉めてー」とか行ってるの聞こえたし

我々が見回った5〜6時ぐらいは、何も無い状態だったのに
沿道のフェンス・ロープ・警備体制の整備は1時間ぐらいで
完了してたし、走者が通った後の撤収も迅速だった

正直、世界一優秀っていわれるだけあると思ったよ、日本警察

まぁ、なぜか我々が確認した星野さんは、走った後しばらく
放置されてたけどね、カメラ攻めにあってたw

中国の留学生応援団も、規模がすごくてすごい数だったけど
「チャイナー、チャイナー」叫ぶだけで、そんなに悪いように
思ってないみたいだった、日本の国旗掲げてた中国人もいたし

まぁ、あのでかい中国国旗は正直ウザかったけどな!

人権活動家も、旗を振ったりしてはいたけど、叫んでは無かった

問題は右翼なんだよ、あとそれに踊らされてる連中
チベット口実に中国批判したいだけなんだね、まったく関係ないこと
がなってたし、罵倒したりしてるのもコイツらなんだ

チベット国旗掲げてる連中を隔離したのは、右翼に問題あったからで
正直、日本人のがマナーが悪かったんじゃないかとすら思ったほどさ


posted by はなゆー at 20:43| ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほう
きっこの日記に書いてあったこととは別のこと書いてあるね
Posted by ラサ#lhasa at 2008年04月29日 21:11
中国に語学研修で滞在した時に会話練習の相手をしてくれた中国人学生のまとめ役が「班長さん」と呼ばれていたので、その素性を探ったら共産青年団のメンバーだった。
中国という国の表面だけ見ていて建前だけで親中国というのは国際関係でナイーブ過ぎ。
右翼に警戒するのは当然でも、反中国=右翼とするものを並べるだけでは媚中によるネガティブ・キャンペーンと同じ。
警察が言論表現の自由に介入した事実も強調されねばならない。

asahi.com:「聖火応援隊」やっぱり動員 中国当局が旅費負担 - 国際
http://www.asahi.com/international/update/0429/TKY200804280362.html

朝日新聞連載特集「奔流中国21」
http://www2.asahi.com/olympic2008/column/list_olympic2008.html#benliu
〈北京五輪百日前:中〉「五輪の囚人」 中国活動家、人権訴え「国家転覆扇動罪」
http://www2.asahi.com/olympic2008/column/TKY200804280272.html
Posted by ゴンベイ at 2008年04月29日 21:14
ここで引用している「オーマイニュース」の記事を書いている藤倉善郎記者は宗教に関心が強いようで宗教関連記事が多いが、どういうわけか公明党と創価学会を取り上げたことが全く無い。こういう裏も読まなければならない。
Posted by ゴンベイ at 2008年04月29日 21:25
朝日新聞 - 胡主席、5月6日から日本へ 中国主席訪日は10年ぶり

結局、中国側のキャンペーンと日本政府の対応は中国主席訪日成功実現が目的。主席訪日がなければ韓国と同じことが起きたと考えるべき。

朝日新聞 - 韓国、中国人留学生の過激行動に抗議 聖火リレー
毎日新聞 - 北京五輪:聖火リレー 「中国人が過激な行動」 韓国が遺憾の意
Posted by ゴンベイ at 2008年04月29日 21:38
映画YASUKUNIにもあった様に、警察の恣意的差別なんて日常茶飯事で、到底褒められた事ではないが、同じアジアの国家同士、中国警察と何程の違いがあろうか。
傍観者としては兎も角、当事者としては初体験だからって、何も鬼の首を取った様に、活動家ぶらなくったって…。
サマワで自衛隊の「温泉」に浸かって安全な内に引き揚げた、我が輩だかオレ様だかって自称戦場カメラマンみたいに聞こえる。
ツイ辛くて泣いちゃったからって、警察を訴えも何もしない癖に!トコトン闘う気なんて無く、宣伝して同情を引きたいだけでしょ。
Posted by 田仁 at 2008年04月30日 00:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック