2008年05月01日

本村洋氏の与党応援騒動に関する論客「田仁」氏の分析など

☆補選惨敗、福田「死に体」加速…世論無視暴走で自滅 (ZAKZAK)

http://www.zakzak.co.jp/top/2008_04/t2008042830_all.html

http://www.webcitation.org/5XPsJterS

最後は、山口県光市の母子殺害事件の遺族である本村洋さんまで応援に引っ張り出したほどだ。


☆犯罪被害者まで選挙に利用する卑劣な自民党 (きっこの日記)

http://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=338790&log=20080430

本村さんの会社のすぐ近くで、しかも昼休み時間帯に演説会があったので、聞きに行ったそうです。

そうしたら、どこかのテレビカメラが来ていて、本村さんを見つけ、本村さんは「一般聴衆として聞きに来ただけなので、どうぞお構いなく」と言ったらしいんですが、そのうち周囲の聴衆も気が付いて囲まれてしまい、演説をしていた弁士が、「今日は本村さんも来られているようですが、自民党も犯罪被害者対策には力を入れている」云々と言った…という展開。

自民党から応援の要請など一度もないし、どうしてこうなるのか…と本村さんは困惑されています。


《論客「田仁」氏の分析》

★「昼休みに聞きに行く」ってのは、動員が掛かったのでなきゃ、普通ソウソウは行かないよ?現実に観衆は殆ど制服を着てて、アレらは明らかに動員されてる。 何か、きっこさんは自由業過ぎて、「社畜」の常識を知らないよね…。 だって、昼休みが2時間も3時間も有る訳じゃないから昼休み演説会は一般的に半時間程度のもので、尚且つ「腐った鯛」だろうがキング・オブKYだろうが前総理がずっと一人で数十分も喋くったりはしないからさ。 ホンの数分だけ前総理が喋るそのタイミングを聞かされてて、その時居て下さいよ!と先に耳打ちをされてたので無きゃあ!先ず居合わせないんだよ。 そもそも短い休み時間に、何が悲しゅうて前総理の声を好き好んで聞きに行かにゃあならんのじゃい!って思いませんか?自由意志で選択出来るなら、聞きたくない…。


★あっ!御免なさい!もう一つ付け加え忘れました。 要は、言いたいのは、かの安倍晋三が、その場のアドリブで犯罪云々なんて演説を突如出来る訳なんて無いって事! だって、全漢字(「伊藤」を含む)にルビを振る演説原稿を官僚が作ってたので有名なのに…。 辞めてからイキナリ融通が利く演説とか出来るようになったりとか、してないでしょ?!残念ながら。 殉職警官の弔問でさえもチャンと名前が言えなくて、「今年の漢字一字」でも頓珍漢な答えで有名なのに。


★本当の本当は、企業の昼休み演説会に、関係者以外の部外者は決して呼ばないです、セキュリティー上。 操業中だが、動いてる生産ライン以外は、食堂を除いて事務所から何から手薄になる昼休みの、2〜30分の演説会には。 時間後に事務所など施錠して、付属体育館などで行う「ご家族・ご近所お誘い合わせ云々」とは訳が違う。 昼は社員だけの代わり、所長・組合長の挨拶もそこそこに、短時間で2〜3社回れる政治家が、わざわざ産業スパイや泥棒の「事故リスク」を犯してくれ!なんて言わない。 本村氏が、安倍氏と共に移動したかどうか迄は判らないが、兎に角、門の受付を顔パスででも通らないと!ってトコがそもそも変。 普通に誰でもフリー・スルーならどんな会社やねん!ドコまでオープン?と、ツッコミが入ります…。


《日本共産党神戸製鋼委員会が新日鉄広畑製鉄所に言及》

http://www.jcp-shinko.jp/kt_8_4.html

4月5日兵庫の企業ぐるみ選挙を告発する会の藤原精吾、前哲夫、前田貞夫各弁護士、小泉哲夫(国労神戸支部長)、三木米道(川重神戸工場勤務)、山中清隆(神戸製鋼所起重機課勤務)の6氏は神戸市役所で記者会見し、神戸製鋼所、川崎重工神戸工場、三菱重工神戸造船所、新日鉄広畑製鉄所における企業ぐるみ選挙の実態を内部文書にもとづいて暴露し、声明を発表した。その内容は以下の通り。

「参院選では世論の批判を受けたことから各社の企業ぐるみ選挙は、秘密裏に、極めて広範に、しかも労働組合を前面に立たせて国民の非難を免れようとするなど極めて巧妙に進めている。また、不況を理由に下請関連企業へのしめつけは深刻な圧力となっている。

企業ぐるみ選挙による特定候補の押しつけは議会制民主主義の基盤を破壊し、国民の自由と権利を奪い、政治を企業の私物に化すものである。我々国民は主権者の一人として、このような暴挙を断じて許すことができない。このような暴挙を行っている大企業に対し、ただちにとりやめるよう強く要求するものである。」

「告発する会」は、そのあと神戸市選挙管理委員会を訪ね、企業ぐるみ選挙の実態を説明し、公選法第1条にもとづき「公平かつ適正に選挙人の意思が自由に表明されるよう」適切な措置をとるよう申し入れた。


《日本共産党・東海市議団のサイトより》

http://homepage3.nifty.com/jcp-chita/toukaikatudou1.html

3月26日投票の東海市議選。日本共産党は定数が4議席削減され5人はみ出しの激戦、新日鉄など企業ぐるみ選挙・地域しめつけが横行する中、2議席を確保しました。



《新日鉄広畑共産党のサイトより》

http://www.h7.dion.ne.jp/~jhh-cp/07Kor/koroNo1337gou2.htm

企業ぐるみ選挙が様変わりしとる。選挙事務所に動員して記帳さすだけでは信用できないと、期日前投票に駐車場を提供、駐車券を発行して投票動員まで組織して労働者から反感もでているで・・・
ある関連会社では、期日前投票の証明書を親会社が求めてきたと、怒り心頭しています。


《産経新聞・阿比留瑠比記者のブログのコメント欄より》

http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/448773/


Commented by くぼた さん
こんにちは。
阿比留様
 福岡県民として山拓、古賀誠両氏を選出しているという実体は本当に恥ずかしい事です。両氏の地元では決して良い評判は聞けませんがやはり企業ぐるみの選挙がまだ有るという事実です。あるスーパージェネコンでは支店の幹部社員が山拓担当になったり、


以前北九州では新日鐵関連からの組合系の立候補者に対しての応援を下請け業者に押し付けたり、


ただ最近企業の応援担当社員は年休を取って個人的に応援するという仕組みにもなっています。このシステムを完全になくさねばいつまで経っても企業利益のための旧態同様はなくなりません。山崎氏に対しては神道政治連盟から厚顔無恥に対して確か抗議がでていましたね。企業が関わる選挙を壊滅せねばなりません。
古賀氏の地元でも評判の悪さを聞けばどうして当選するのか分りません。
一番大切なことは有権者が真剣に国を思い憂うことでしょうが・・。
2008/01/13 12:02


Commented by 阿比留瑠比 さん
くぼた様
 こんにちは。以前も書いたかもしれませんが、前回の衆院選では私のところにも、九州電力に勤務している先輩から電話があり、「山拓さんの選挙区に知り合いはいないか」ということでした。話を聞くと、一週間前から会社から派遣されて山崎氏の選挙の手伝いをやらされているとかで…。まあ、こういうこともいつまでも続くものではないでしょうね。私は今回、山崎氏は落選するものと予想しています。
2008/01/13 15:01



●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○


☆設備は雨ざらし 食事時間も確保できず お粗末な安全対策 9人死亡(今年)の新日鉄 (2003年11月23日の「赤旗」)

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-11-23/03_01.html

http://s02.megalodon.jp/2008-0501-0608-03/www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-11-23/03_01.html

十月の新日鉄八幡労組の大会では、組合員有志が「労働災害を撲滅する決議案」を提出しましたが、とりあげませんでした。北九州市議会では、日本共産党議員団が「労働災害の防止にむけ指導・監督の強化を求める意見書」を提出しようとしたら、新日鉄の企業ぐるみ選挙で当選した議員を抱える民主党会派が反対し、意見書を取り下げる事態も起こりました。

posted by はなゆー at 06:35| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マジかよ…。
御免なさい、企業ぐるみ選挙がヤバいって、正直今知りました。
普通だと思っていた…。
悪い奴で御免ね。
でもだからこそ、関係者以外締め出しって、はなゆーさんの論の持って行き方は、説得力あるなあ。
10年位前はさ、ぎりぎりバブルの名残で、立会い演説の為に早弁一食だけは只だったりした。
食堂がまだ開いてないから(そして外食は時間が掛かる)。
ソレは何処から出ていたんだ〜。
Posted by 田仁 at 2008年05月01日 21:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック