2008年05月03日

論考「選挙を徹底して“サーカス”として演出するとどうなるか」

http://www.asyura2.com/0505/senkyo14/msg/243.html

「総選挙に勝つためにロイド=ジョージ

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%B8

がとった戦略は二つ。選挙を最高の見せ物としてショウアップする事、もう一つはドイツ懲罰路線を打ち出して外の敵と対決する姿勢を強調することだった」

「アスキス前首相のような伝統的政治エリートもクーポン選挙のような派手な対決型選挙の相手にされると実際以上に無能に見えるものだ。この手のクーポン選挙は仕掛けた方が必ず勝つ。なぜなら、クーポンを貰えなかった政治家は最初から負け犬のイメージが固定化されてしまうからだ。しかし、選挙後の党内に噴出する怨念は凄まじいものとなるから、その後党は必ず「死に至る運命」を辿ることになる。」

「選挙を徹底して「見せ物」として演出するとどうなるか。必然的に仕掛けた側が有利になる。全てを個人的対立の構図に還元して踏み絵を踏ませ、それで対立構造が明確になり、極度に話題性を高めて置いて、政治的関心の低い層までも、格闘技を見に行く気分で投票するためだ。」



二十世紀世界の誕生
posted by はなゆー at 19:22| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック