2008年05月06日

パキスタン政府がアルカイダやタリバンと和平交渉を開始した

米国CBSニュース。

パキスタンの連立政権は、パキスタン・アフガニスタン国境沿いにおいて5年以上も続いているパキスタン軍と武装勢力との戦闘を終わらせるために、とりあえずアルカイダおよびタリバンとつながりのある武装勢力と交渉すると公式に発表した。

この声明のすぐあとに、パキスタン当局者たちが武装勢力の代表者と会談したという報道があった。

これについて、アフガニスタン外務省は「治安と安定を復元することにつながるあらゆる方策を支持する。そのようなステップはアフガニスタンにさらなるテロリズムを広げる原因にはならない」と日曜日にもかかわらず素早く声明を出した。

匿名のある西側上級外交官は「このアフガニスタン外務省の声明は、武装勢力との交渉に批判的な米国などの反対をやわらげることになるだろう」と語った。


★アフガニスタン・パキスタンの両国政府が“結託”して、米英の方針に“微妙に”逆らい始めた気配である。

★日本は、今後も引き続き「テロに屈することなく」頑張ることになるだろう。


☆Afghanistan Backs Pakistani Militant Talks (米国CBSニュース)

http://www.cbsnews.com/stories/2008/05/03/world/main4068872.shtml

http://s02.megalodon.jp/2008-0506-0726-01/www.cbsnews.com/stories/2008/05/03/world/main4068872.shtml

Pakistan’s new coalition government, which came to office in February after defeating supporters of President Pervez Musharraf, publicly said it would consider negotiating with militants linked to al Qaeda and the Taliban, to end more than five years of fighting between government troops and militants in a remote region along the Pakistan-Afghan border.

That statement from the new government was quickly followed by reports of Pakistani officials meeting with representatives of Baitullah Mehsud, the most notorious militant commander, widely believed to be linked to the Taliban and al Qaeda.

(以下省略)



反米大陸
posted by はなゆー at 07:35| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
タイミングがあっている話にはこんなことも。↓
高村外相、アフガニスタンを突然訪問 パキスタンとの関係改善求める : AFPBB News
http://www.afpbb.com/article/politics/2387028/2896979
Posted by ゴンベイ at 2008年05月07日 05:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック