2008年05月09日

グルジア大統領、ロシアとの戦争突入の危険性を示唆

グルジアのミハイル・サーカシビリ(Mikheil Saakashvili)大統領は8日、西部バトゥーミ(Batumi)でロシア人記者団に対し、独立を主張するアブハジア(Abkhazia)自治共和国をめぐる緊張がロシア政府との間で高まる中、ロシアとの戦争突入の危険性を示唆した。

 サーカシビリ大統領は、「数日前は一触即発だった。今も危険性は残っている」とした上で、グルジア政府はロシアとの戦争を望んでおらず、また軍隊の準備不足や北大西洋条約機構(NATO)の支援も得られないとの見通しから戦争は不可能とも主張した。

 一方、ロシア下院は同日、前日就任したドミトリー・メドベージェフ(Dmitry Medvedev)新大統領によるウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)前大統領の首相指名を承認した。これにより、ロシアは前例のない「双頭体制」の時代を迎えた。


posted by はなゆー at 10:25| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック