2008年05月15日

ミニブログ「Twitter」はマスコミより早く四川大地震を伝えた

人気サイト「Twitter」、マスコミより早く地震を伝える

米地質調査所(US Geological Survey、USGS)や大手報道機関が伝えるより早く、12日に中国・四川(Sichuan)省で大地震が発生したことを知ったという人たちがいる。

 米サンフランシスコ(San Francisco)の著名ブロガー、ロバート・スコーブル(Robert Scoble)氏は「何人かの中国の人がまだ揺れているうちに、いま地震が起きていると僕に教えてくれた」と自身のブログScobleizerに書き込んだ。スコーブルさんと中国の人を結びつけたのはマイクロブロギングサービス「Twitter」だ。

 サンフランシスコのTwitter Inc.が2006年3月に運営を開始したこのサービスは、140文字以内のメッセージをオンラインの掲示板、ウェブサイトや友人の携帯電話に電報のように即座に送れるというもの。設計したビズ・ストーン(Biz Stone)氏がこれを思いついたのは、くしくもカリフォルニア(California)で地下鉄に乗りこもうとしていた矢先に友人からカリフォルニアの地震についてのメッセージを受け取ったときだったという。

 今回の地震の報道で大手メディアもTwitterのメッセージを参考にしたという情報もあり、今回の地震をきっかけに大手メディアがTwitterの世界に入ってくるかもしれないと考える人さえいる。

 しかし、Search Engine Landというブログを開設しているダニー・サリバン(Danny Sullivan)氏は冷静だ。「地質調査所は世界各地の地震計の観測結果を専門の科学者が検討した後で公表している。Twitterが地質調査所に地震が起きたと知らせてあげた、といわんばかりの書き込みもあるが、さすがにそれは無茶だ」



posted by はなゆー at 07:19| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック