2008年05月15日

〔メモ〕日本から米国にガソリンなどの石油製品を輸出する

☆ガソリンなど米に輸出へ、日米が協議 (TBSニュース)

http://news.tbs.co.jp/20080514/newseye/tbs_newseye3852344.html

http://s04.megalodon.jp/2008-0515-1525-02/news.tbs.co.jp/20080514/newseye/tbs_newseye3852344.html

アメリカでガソリン価格が高騰しているため、日米両国の政府と民間企業は、日本からガソリンなどの石油製品をアメリカに輸出するため協議を始めることになりました。

(略)

原油の高騰を受けて、アメリカではガソリンの小売価格が最高値を更新し続けている一方で、日本国内では石油の需要が頭打ちになり、だぶついています。このため、日本で精製したガソリンなどの石油製品をアメリカに輸出することで、日米の政府が一致したものです。


《関連記事》

☆日本国民を犠牲にして米国を助ける日本政府 (天木直人のブログ)

http://www.amakiblog.com/archives/2008/05/15/#000872

http://www.asyura2.com/08/senkyo50/msg/223.html

そんな中で、15日早朝の某局テレビが、耳を疑うようなニュースを、さりげなく流した。ガソリン価格の高騰で悩む米国を助けるために、日本の経済産業省や石油業界が、米国に対し石油製品を輸出し、支援する事にした、というニュースである。

本当か。15日の各紙は、石油情報センターが14日に発表した石油製品市況調査で、ついにレギュラーガソリンの平均価格が1リットルあたり160円を超えたと一斉に報じている。苦しんでいるのは日本国民だ。日本政府の仕事は、まず日本国民を救うことだ。

私は早朝のテレビが流したこのニュースの真偽を確かめたくて、15日の大手各紙の経済欄に目を通したが、関連記事は皆無であった。


★なぜ「関連記事は皆無」なのか?なんとなく不審。

★日本政府首脳は「中東の安定と石油のためにイラク戦争を支持しろ」との趣旨の発言をしていたはずだが。



庄野真代/エッセンシャル・ベスト庄野真代
posted by はなゆー at 15:38| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本の石油会社は以前から中国が海外から輸入する重質油を受託精製しています。中国は製油能力が不足しているのと、製油所が大慶油田のような軽質油向きで重質油の精製能力が低いためとのこと。
アメリカの製油所も精製能力は軽質油向きで重質油の精製能力を高める投資をしていないので世界中から軽質油を買い漁り、これにより原油価格が高騰する原因にもなっています。

新日石と中国石油天然ガス集団 石油精製で合弁会社 大阪製油所を共同運営
FujiSankei Business i. 2008/5/8
http://www.business-i.jp/news/sou-page/news/200805080014a.nwc

天木氏はこういう事情はご存じでないようだ。
Posted by ゴンベイ at 2008年05月15日 16:56
2ちゃんねるニュース板の投稿子も天木氏と同じ論調で騒ぐのが多い。天木氏も2ちゃん投稿子と同じ程度ということか(爆
Posted by ゴンベイ at 2008年05月15日 18:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック