2008年05月19日

ジンバブエ大統領候補、暗殺計画発覚で帰国延期

ジンバブエ野党議長、暗殺計画発覚で帰国延期

ジンバブエの野党・民主変革運動(Movement for Democratic Change、MDC)のモーガン・ツァンギライ(Morgan Tsvangirai)議長は18日、暗殺計画が発覚したことから訪問中の南アフリカでの滞在を延期し、予定されていた党の選挙集会への出席を取りやめた。

 MDCは同日、ジンバブエ南部のブラワヨ(Bulawayo)で、6月27日に予定されている大統領選挙の決選投票に向け初の選挙集会を開催したが、そこで演説を予定していたツァンギライ議長は、帰国すれば命の危険があるとして南アフリカでの滞在を延期した。

 ツァンギライ議長は、3月29日に実施された大統領選の第1回投票で勝利し、決選投票で与党ジンバブエ・アフリカ民族同盟愛国戦線(ZANU-PF)のロバート・ムガベ(Robert Mugabe)現大統領に再度立ち向かうことになるが、勝利後1か月以上も国を離れている。

posted by はなゆー at 09:09| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヨハネスブルクで外国人襲撃、12人死亡 特にジンバブエ人が標的
AFPBB News - 2008年5月19日
http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2393000/2942461

南ア大統領、外国人憎悪による犯罪撲滅を呼び掛け
AFPBB News - 2008年4月28日
http://www.afpbb.com/article/politics/2384627/2878244
Posted by ゴンベイ at 2008年05月19日 19:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック