2008年05月20日

シーファー米駐日大使「日本の防衛費の増額を期待する」 

米国のシーファー駐日大使

http://en.wikipedia.org/wiki/Tom_Schieffer

は「日本は防衛予算を増額するメリットを検討すべきだ」と述べ、防衛費の増額を期待する考えを表明した。

☆シーファー米駐日大使、防衛費の増額を期待 (日本経済新聞)

http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20080520AT2M2001H20052008.html



大使は中国、韓国、ロシアなど周辺国が国防予算を過去10年間で大幅に増額しているなか、日本だけが10年前と変わっていないと強調した。


《おまけ〜「論語」より孔子の言》

子貢、政を問う。子曰く、食を足し兵を足し、民をしてこれを信ぜしむ。子貢が曰く、必ずやむを得ずして去らば、斯の三者において何れをか先にせん。曰く、兵を去らん。曰く、必ずやむを得ずして去らば、斯の二者において何れをか先にせん。曰く食を去らん。古えより皆死あり、民は信なくば立たず。

(子貢が政治の事をおたずねした。先生はいわれた、「食糧を十分にして軍備を十分にして、人民には信を持たせることだ。」といわれた。「どうしてもやむをえずに捨てるなら、この三つの中でどれを先にしますか。」というと、先生は「軍備を捨てる。」といわれた。「どうしてもやむをえずに捨てるなら、この二つの中でどれを先にしますか。」というと、
「食糧を捨てる。[食糧がなければ人は死ぬが]昔から誰にも死はある。人民は信がなければ安定しない。」といわれた。)」



論語〔新版〕


posted by はなゆー at 16:25| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「>信なくば立たず」
古来から「苛政は虎よりも猛し」と言って、民は逃散して山に籠もったもので、ソレは人食い虎よりも苛政の方が遥かに恐ろしく、庶民が山の実りで食い繋いだからだ。
尤も、日本の山には狼止まりで虎は居らず、木地師や傀儡師と言えども、古代の避難民以外に、その時代時代で里から山に居を移した移民も流入していたのだが。
今また、信を失わしめる過程をマザマザと目の当たりに見せ付けられるのも、堪らないものだ。
Posted by 田仁 at 2008年05月20日 17:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。