2008年05月26日

与党が「会計検査院」を悪用しての“トリック”を狙っている気配

町村信孝官房長官は、内閣から独立して国の決算をチェックする会計検査院

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%9A%E8%A8%88%E6%A4%9C%E6%9F%BB%E9%99%A2

に対し、民間企業の経理担当者の協力を得て検査業務に集中的に取り組むよう要請したいとの考えを示した。


☆会計検査院に民間人活用を=行政の無駄排除狙い−町村官房長官   (時事通信)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080525-00000103-jij-pol

http://www.asyura2.com/08/senkyo50/msg/454.html

町村長官は「会計検査院に民間の優秀な人50人くらいに来てもらい、1年間徹底的に洗い出しをする。各省庁の帳簿を並べ、どこに無駄があるのか、徹底的に無駄ゼロ作戦をやる(必要がある)」と述べた。 


☆会計検査院 民間専門家50人招き機能強化 今秋実施へ (毎日新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080525-00000053-mai-pol

http://www.asyura2.com/08/senkyo50/msg/455.html

町村信孝官房長官は25日、東京都文京区の東京大学で講演し、会計検査院の機能を強化するため、民間企業から経理の専門家約50人を期間限定で招く考えを明らかにした。日本経団連に協力要請し、今秋にも実施する。道路特定財源の不適切な使用などが発覚したことを踏まえ、政府の歳出削減努力をアピールする狙いがある。

町村氏は講演で「国民は日本の予算は無駄だらけと思っている。民間の優れた人に来てもらい、1年間で各役所の帳簿を全部洗い出す」と述べた。会計検査院は06年度決算検査報告で総額310億円の無駄を指摘しているが、要員増で削減の上積みを図る。


★「日本経団連に協力要請し」とある点にも留意しておきたい。



《解説》

会計検査院が指摘すると、何に使ったかなどの情報が闇に葬られてしまう。これは制度上の重大な欠陥。

つまり、会計検査院が問題点を指摘して、それを受けて「改善した」となれば、詳細を明らかにせずに逃げることができる。各省庁は、会計検査院に指摘さえしてもらえれば、公表を避ける理由にできる。闇に葬ることができる。「幕引き」に持ち込める。

            ↓

2008年2月14日 衆院予算委員会 長妻昭代議士の質問より

http://www.shugiin.go.jp/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/001816920080214008.htm

○ 長妻委員

(略)
そして、もう一点。二十七ページでございますけれども、こういう資料を調べていただきました。平成十四年次から六年間、十九年次までで、国交省でいまだ公表されていない法令違反等による不適切な会計処理、これが隠されております、三十四件。この三十四件の法令違反等による不適切な会計処理について発表いただけないですか。


○ 冬柴国務大臣 

会計検査院の照会文書というものは、会計検査事務の過程において、検査を受けるものの説明を求めるために発せられる質問であります。会計検査院の正式な見解や意見の表明ではないと聞いております。

 会計検査院では、意思決定の中立性や厳正、公正な検査の実施を確保するため、照会文書の内容は一切公表しないこととしていると承知をいたしております。その内容が今のものでございます。

 国土交通省で不適切と認められ改善した指摘三十四件につきましては、会計検査院からの照会に基づいて行ったものでありますので、独立した地位にある会計検査院の判断を尊重し、照会文書の内容、さらにはその内容に関してとられた措置を公表することは差し控えさせていただいているわけでございます。

 しかしながら、そこに書かれたものは、すべて改善されたからそれは公表されなかったのではないかと。改善されていない部分については、我々は、それについてきちっと処理もしていますし、会計検査院にも説明をいたしています。

(略)


○ 長妻委員 

これは私はかなりひどい話だと思いますのは、お配りしたものの二十七ページに、会計検査院から照会文書を送られた六十一件があった。国土交通省は、そのうち三十四件は悪うございましたということで、これは法令違反等による不適切な会計処理だということを認めた。しかし、会計検査院は公表しないし、国土交通省も表に出さない、三十四件。では、資料を要求したらば、照会文書を受けた六十一件全部を出してきて、このうちの三十四件が不適切な処理なんですと。これはクイズみたいなものですね。六十一件は出したけれども、このうちの三十四件は、どれが不適切かは言えませんと。

 国民のお金を不適切な会計処理をして、国土交通省も不適切だと認定しているのに、これは道路局案件もたくさんありますよ、業務の実施の問題とか、直轄、補助事業の実施で、会計上の不適切な処理というのが。

 なぜ公表しないんですか、会計検査院も国土交通省も。不適切というふうに確定認識しているわけですよね。確定でしょう。三十四件は、ここに書いてありますよ、一番下に。国交省が書いたんですよ。「上記六十一件中三十四件については、法令違反等による不適切なものと考え改善を行った。」と。不適切なものと考えたわけですから、国民の皆さんに明らかにしてください。幾ら不適切があったのかも含めて、金額も。なぜですか。


○平井副大臣 

これは会計検査院ですから、やはり意思決定の中立性とか、そういうのは必要ですよね。

 三十四件に関しては改善をしたということで、このことを会計検査院と相談いたしまして、照会文書の内容まで推測できるものではないという結論を得て、資料提出をさせていただいています。


○長妻委員 

だから、三十四件は不適切だと認めて改善したということですよね。では、それを見せてください、本当に改善したのか。だって、不適切なものなんだから。

 では、三十四件はこの表のどれですか。これは六十一件、ごっちゃになっているんですよ。三十四件はどれですか。何件か読み上げてください。


○平井副大臣 

これは繰り返しになりますが、要するに、会計検査院では、意思決定の中立性や厳正、公正な検査を実施するため、照会文書の内容を公表しないこととしていることを……(長妻委員「照会文書が欲しいなんて言っていない」と呼ぶ)我々は、独立した会計検査院の判断を尊重させていただいております。


○長妻委員 

これは非常に不可思議な話ですよ。別に私は会計検査院のカの字も言っていないですよ、質問で。つまり、不適切な会計処理が発覚したきっかけが、自分たちで、自分で見つけたのならば公表する。ところが、会計検査院から照会文書、裏で指摘をされた、非公表の指摘を受けたもの、これがきっかけで不適切だと国交省が認識したものは、きっかけが会計検査院だと一切公表しない。これは逆に会計検査院に指摘してもらったら便利ですね。公表しないでいいじゃないですか。

 この六十一件の中で三十四件は、会計検査院とは関係なしに国交省が「法令違反等による不適切なもの」と考えたわけです。下に書いてありますよね、国交省が。ですから、三十四件はこの中でどれで、幾らぐらいの金額なのか、これは国民の皆さんは知る権利があると思いますよ。大臣、これは不思議ですよ。


○冬柴国務大臣 

会計検査院の御注意ということが契機となって改善をすべてしたわけですから、それはしなくてもよろしい、会計検査院もそういうことは指摘したことも言いませんし、ということになっているんです。

 だから、改善をいたしまして、その結果についても、会計検査院もそれは認められまして、その上で、残りについてできていない分、先ほど私は一件だけ頭に残ったものを言いましたけれども、それ以外は正常に、きちっと適法、適正に処理されたという判断をいただいたものでございます。


○長妻委員 

それはあれですか、不適切な会計処理があって、改善したら公表しないでいいと。それは便利ですね。隠しておいて改善すれば、これは公表しないでいいじゃないですか。(発言する者あり)いや、だって隠されていますよ、これ。では、どれですか、三十四件の不祥事。これはおかしいですよ、大臣。大臣の判断で、三十四件はどれなのか。

 では、もっと具体的に言いましょう。

 クイズみたいなことを国交省の方に言われたんですが、十九年次は八件ありますね、照会文書を出されたのが八件。この八件のうち四件は不適切だと国交省も認識したというのですよ、十九年次。では、これはどれですか。不適切なのは直轄事業の実施の三件のうち何件ですか、そして金額は幾らですか。八件のうちどれなのか、事業と、どの局なのか、それぐらい教えてください。


○平井副大臣 

我々は会計検査院の照会に対して協力をしているということであります。そういうことですので、会計検査院の職域まで我々侵すことはできません。

posted by はなゆー at 07:19| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
例の藤田社長が問題だっつって闘ってる、国土交通省の耐震基準の計算ですか?あれと似た構図で、天下りも含めているかと。
勿論、はなゆーさんの読み通りなんですけど、付け加え的に。
Posted by 田仁 at 2008年05月26日 18:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック