2008年05月27日

福田首相がサマータイムに前向き「やってない日本が異例」

福田首相は、夏季に時計の針を1時間進めるサマータイム(夏時間)制度

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%8F%E6%99%82%E9%96%93

の導入について、記者団に「やっていない日本が異例。我が国も制度を入れるべきだとの意見が強くなってきている。特に環境の問題があり、私もサマータイムをやってもいいのではないかと思っている」と述べ、前向きな姿勢を示した。

☆首相、サマータイムに前向き 「やってない日本が異例」 (朝日新聞)

http://www.asahi.com/politics/update/0526/TKY200805260324.html

http://s02.megalodon.jp/2008-0527-0711-00/www.asahi.com/politics/update/0526/TKY200805260324.html

首相は「かつて日本も戦後一時期(制度を導入)したことがあったが、やめてしまった。今は大体どの国もやっている。党の方でも検討をお願いしている」と語った。


☆はてなブックマーク「首相、サマータイムに前向き〜やってない日本が異例」→

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://www.asahi.com/politics/update/0526/TKY200805260324.html

「アメリカに住んでるけど、1時間の時間のずれに体が慣れるのに1週間はかかる。日本でやったら、必ず労働時間が延びる。サマータイム絶対反対。」

「北海道人としては歓迎。ただし、日本全体としてみれば不要だろう。沖縄の人には迷惑以外の何ものでもあるまい。」

「サマータイム支持者なんてヨーロッパ(特にドイツ)でも減ってきてんだけどね」

「ヨーロッパとは緯度が違うんだから日本でやる必要ないよ」

「日本が異例なのはいっぱいあるだろ。過労死するまで深夜まで働くなんてあまり海外では聞かないけど。」


《関連記事》

☆夏時間を採用するとエネルギー消費量は逆に増える、米経済学者 (3月5日のテクノバーン)

http://www.technobahn.com/news/2008/200803051254.html



研究グループでは夏時間を採用した方がエネルギー消費量が増える理由として、夏時間を採用した場合には日照時間帯を有効に使うことができるため、電灯などのエネルギー消費量を減らすことが可能となるが、その一方、エアコンなどのエネルギー消費量は却って増大するため、全体としてのエネルギー消費量は夏時間を採用すると拡大すると推論している。



posted by はなゆー at 07:32| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
温暖化が進む最中、温暖湿潤地帯から亜熱帯だ!いや、もう熱帯に入った!とか言われる「日本の夏」がサマータイム?いっそ、国民総過労制度とか名付ければ正直では?
Posted by 田仁 at 2008年05月27日 19:34
代用監獄も異例だから是正するんだよね?
都合で異例とか言うなよクズ政党
Posted by ハバナ at 2008年05月29日 02:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック