2008年05月29日

ネパールが王制を廃し共和制を宣言

ネパール制憲議会(定数601)は28日、王制廃止と共和制移行について採決を行い、圧倒的多数の賛成で採択、240年続いた王制が正式に廃止され、同国は共和国となった。

 採決は賛成560、反対はわずか4で、残りは欠席したという。反政府勢力だったネパール共産党毛沢東主義派(毛派)と主要政党との間で合意された和平協定の総仕上げとなった。

 議会はまた、ギャネンドラ国王(King Gyanendra)に退位と、首都カトマンズ(Kathmandu)にある王宮を博物館にすることを指示した。

 毛派のクリシュナ・バハドゥール・マハラ(Krishna Bahadur Mahara)広報担当はAFPに対し、「今日、王制を廃止したことで、犠牲となった数千人のネパール人に敬意を表す」とし、「ネパール人は数世紀におよぶ封建的な伝統から解放され、これから社会・経済が急速に変革して行く」と語った。

 当局によると、ギャネンドラ国王が王宮から退去するまでの期限は、15日間だという。



ラベル:ネパール
posted by はなゆー at 10:20| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
多分、『(ツクられた)皇太子ご乱心』な「王家殺人事件」が起きていなければ、少なくとも今んトコは、王制が明らかに続いて居たに違いない。
欲呆けて伝統を食い潰した現王の、目の下のクマとタプタプの顎の残骸の、何たる醜さ!
日本会議、よく見とけよ!
(っても、奴等の能力では理解出来ないのか…?)
Posted by 田仁 at 2008年05月29日 21:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック