2008年06月01日

日本側からスーダン政府に自衛隊派兵を打診した模様

日本、スーダンに自衛隊派遣打診か、復興支援で

来日中のスーダンのオマル・バシル(Omar al-Beshir)大統領は30日、スーダンでの復興や人道支援を目的とした自衛隊派遣の打診を受けたことを明らかにした。

 バシル大統領は「(自衛隊は)道路などのインフラ整備や水の供給などの活動をすると聞いている」とし「治安維持活動に参加するとの情報」は得ていないと述べた。

 日本国内では政府がスーダンでの国連(UN)治安維持活動に自衛隊を派遣すると報じられている。

 外務省関係者からのコメントは得られていない。

 バシル大統領は第4回アフリカ開発会議「TICAD IV(Tokyo International Conference on African Development)」出席のため来日している。



posted by はなゆー at 00:02| ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
中学の頃に「ガンプラブーム」がありまして、町のオモチャ屋ではよく「ザク」&「しょぼいバイクのプラモ」を抱き合わせで販売しておりました。

弱みにつけこんだ卑劣なヤチクチに憤った私はもちろん買いませんでした。他国の不幸を利用して、自国で既成事実を作ろうとする外務省&防衛省のヤリクチはあのオモチャ屋と一緒ですな。
Posted by やきとり at 2008年06月01日 00:30
安部も福田も、憲法99条に違反している。
この派兵は憲法9条に違反しているからだ。

海外の市民を殺し、国内の市民から盗むのが米国の現状で、5年後の日本の姿だという。

(リンクは堤未果氏の文章「アメリカは、日本の5年後の姿」)
http://www.magazine9.jp/interv/mika/mika.php
Posted by 憲法違反だな at 2008年06月01日 04:57
要するに、対中国の「自衛隊機」云々同様、今物凄く亡栄省が「自衛隊海外派遣の既成事実化」を狙ってる訳ね?
朝霞の割腹未遂が対中国外交を口実にしてて失敗したんで、別方向に捌け口を求めてるのかな?
Posted by 田仁 at 2008年06月01日 15:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック