2008年06月02日

麻生太郎氏「消費税を上げれば、そのぶん会社員の給料も上がる」

全額税方式導入に伴い消費税率を10%に引き上げることを今年2月に提言している、自民党の麻生太郎前幹事長

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BA%BB%E7%94%9F%E5%A4%AA%E9%83%8E

は、全額税方式化により厚生年金保険料の企業負担分がなくなるとして、「その分を(企業が)社員に払えば、それによって給料は上がる」と主張した。

☆自民党 景気への配慮訴え…講演で麻生前幹事長 (毎日新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080602-00000103-mai-pol

http://www.asyura2.com/08/senkyo50/msg/594.html


〔ヤフーニュースのコメント欄より〕

● バブルをしのぐ利益と言われても、一部重役陣のみ利益を得てほとんどの従業員には利益を還元しなかった高収益企業。給料が上がるなどと、やりもしない事を前提にして言うのではない。

● >具体的には、全額税方式化により厚生年金保険料の企業負担分がなくなるとして、「その分を(企業が)社員に払えば、それによって給料は上がる」と主張した。

そんな、ありえんこと主張されてもなぁ(≧▽≦)ゞ



水谷豊 / TIME CAPSULE
posted by はなゆー at 23:05| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この発言を機にローデン閣下ファンが目覚めてくれりゃいいが、期待できんわな
Posted by ike at 2008年06月03日 12:24
んで、麻生「自民党総裁」のメは潰れたですかね…?
Posted by 田仁 at 2008年06月03日 14:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック