2005年11月30日

【増補版】イタリア国営放送「ファルージャ・隠された大虐殺」和訳

ファルージャで米軍が白燐弾を使用したことを検証した、イタリア国営放送Rainews24のドキュメンタリー「La strage nascosta」(ジークフリード・ラヌッチ作)の音声聞き取り・翻訳。

以下に映像のリンクを記します。

【警告】イタリア国営放送のドキュメンタリー「ファルージャ:隠された大虐殺」のフィルムはここからのリンクで見ることができますが、虐殺死体がそのまま放映されています。当然のことながら、非常にショッキングな映像が含まれていますので、ご注意下さい。妊娠中のかたや心臓の悪い方は見ないようにしてください。【警告】

☆イタリア語版の映像(wmv形式、35.9MB)→

http://www.rainews24.rai.it/ran24/inchiesta/video/fallujah_ITA.wmv

☆英語版(wmv形式、35.9MB)→

http://www.rainews24.rai.it/ran24/inchiesta/video/fallujah_ING.wmv

☆なお、ASF・REAL形式のファイル、アラビア語版は以下のページの右側「VIDEO」と記された場所からストリーミングおよびダウンロードできます→

http://www.rainews24.rai.it/ran24/inchiesta/body.asp

☆高速回線のない人向きの「写真ギャラリー」もあります→

http://www.rainews24.rai.it/ran24/inchiesta/slideshow.asp?gallery=1

"successiva>>"というリンクを押すと、次の写真をみることができます。

☆「イラク・ホープ・ネットワーク」にも、番組の日本語訳が掲載されています→

http://www.iraq-hope.net/event_report/051124.htm

《関連記事》

☆「イラク駐留米軍はファルージャで化学兵器を使った」イタリア国営放送がドキュメンタリーで証拠ビデオを放映(暗いニュースリンク)

http://hiddennews.cocolog-nifty.com/gloomynews/2005/11/post_27c0.html

http://www.asyura2.com/0510/war75/msg/1329.html

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

☆【『隠された大虐殺』聞き取り日本語訳】(反戦翻訳団)

http://blog.livedoor.jp/awtbrigade/archives/50136112.html

http://asyura2.com/0510/war76/msg/510.html

Rainews24のドキュメンタリー"La strage nascosta"(ジークフリード・ラヌッチ作)の音声聞き取り・翻訳です。

原文:Rainews24

http://www.rainews24.rai.it/ran24/inchiesta/body.asp

翻訳:ゆっくす

映像が戦争について何を語ることができるか、ここに見ることができます。

ベトナムで、(不明)アメリカ人によって(不明)されたナパームによってひどく損傷し、死を免れるために腕を広げた姿勢で逃げる、このか弱い裸体。

時代は1972年です。この映像は、誰も勝者のいない、既に多くの人によって忘れられてしまった、あの戦争の証拠として世界を何度も駆け巡ることでしょう。

ナパーム弾は(このあと不明)。

軍のカメラマンによってここに記録されているのも、この致命的な兵器です。

放たれる瞬間、爆弾は摩擦で明るい青色にギラギラと光ります。その後、破滅的な量の衝撃を及ぼします。

パイロット達は、森や村の上を低い高度で円を描くように飛び、彼らが通った跡にある動物、植物、小屋(不明)炎を振り返って見ることはしません。

これらのシーンは、映画の一場面ではなく、現実です。軍のカメラマンは、爆弾の潜在的威力をよりよく記録するためにスローモーションすら使ったのです。

音楽も、兵士がラジオで聞いていたものと同じです。カリフォルニアという、世界で最も美しい場所について歌ったものですが、その間も、戦争は、同様に美しい国であるベトナムを破壊していたのです。

政治に対する激しい反発を恐れて、これらの驚くべき映像が(不明)から明るみに出たのは何年も後になってからでした。

暴力的なシーンを放送したベトナムのテレビ局は3%しかありませんでした。

けれど、(不明)多くのアメリカ人の意見を戦争反対へと変えました。

これらの恐ろしい映像が出てきたすぐ後の1980年に、国連はナパームガスの非戦闘員への使用を禁じました。

今回は、我々の時代に行なわれている戦争についてお伝えします。

この戦争は、誰も目にすることができません。アメリカ人がファルージャで行なった戦争です。

イラクでの戦争は、現在進行形で記録され世界が見ることができた初めての戦争だと言われてきました。

けれども、これは嘘でしかありません。一方のみの視点から、鍵の穴を通して見たものでしかないのですから。

タイトル「ファルージャ 隠された大虐殺」

元アメリカ兵士ジェフさん:私は、作戦「夜明け」において指揮官がファルージャに入る際の護衛に関わった。

ファルージャの戦闘地域に入る際、歩いている人、話している人、息をしている人は一人残らず敵の戦闘員だ、と指示された。すなわち、道を歩いてる人も家の中にいる人も全て標的だった。

インタビュア:10歳の子どもも撃て、と命令されていたというのは本当ですか?

ジェフ:初めてイラクに到着した頃の軍の基準では、成人男性(18歳〜65歳)が敵戦闘員とみなされ得る、とされていたが、ファルージャに行った頃には、銃を持っているならどんな男でも全て攻撃の標的とすることになった。実際、10歳くらいの子どもが戦っていることは数多くあった。

インタビュア:ファルージャでの戦いについて、自分の子どもにどう説明しますか。

ジェフ:ただ、アラブ人を大量に殺していた。私には、大量殺人に見えた。

私達は、この大量殺人を全く目にすることができなかった。

ファルージャにやってくることは危険だった(?)。何か知っていることを示したら。イラクの警察は昨年3月、Al Arabiyaのジャーナリスト二人を逮捕し、ビデオカセットを押収した。イラクで殺されたフリーランス・ジャーナリストのエンゾ・バルドーニ(EnzoBaldoni)記者は、死ぬ前の数週間、ファルージャの取材をしていた。同じくファルージャの難民について調査していたIl Manifesto紙のGiuliana Sgrena記者は、誘拐された。
ファルージャに民主主義を輸出する、という当初の説明は本当だったのだろうか、という疑念が生じる。

インタビュア:ファルージャについて具体的な情報を収集しましたか。

Sgrena記者:ファルージャについてだけではありません。2003年4月の空港での戦闘の際にナパーム弾を含むいくつかの兵器が使用されたことについて、バグダッドの住民から話を聞きました。

その後、ファルージャの住民達から、白リン弾の使用について聞きました。何人かの女性達は、家に入ろうとして、家中がほこりのような粉だらけであるのを見つけました。アメリカ人は、そのほこりはとても危険なので洗剤できれいにするように、と彼女達に言いました。実際、体に影響が表れました。出血や他のおかしな症状です。私はこれらの人達をインタビューしたかったのですが、残念ながら私を誘拐した人達・・ファルージャの抵抗組織だと言われています・・は私を誘拐することによって私がファルージャについて知ったことを伝えることを不可能にしました。

この戦争は、目撃者(証人)があってはならないのです。なぜなら、この戦争は嘘に基づいているから、目撃者の存在は許されないのです。
アメリカ軍は、自分達と同行した記者しかファルージャに行くことを許しませんでした。にもかかわらず、例えばファルージャのモスクで負傷している非武装の兵士を撃つ兵士の映像が公開されました。この映像が流出し・・どのように流出したのかわかりませんが・・世界中に流されたことで、このNBCの記者はすぐに軍の同行から除外されました。

Occupation WatchのGasparoliさん:あるインディペンダントな記者が1月にファルージャに到着し、10日間滞在して人々をインタビューし映像を撮り、その後イラクとヨルダンを去ってアメリカに行きました。ホテルに泊まってビーチに行き、部屋に戻るとドアが破られ、ファルージャで撮った映像が含まれているテープのみが盗まれていました。記者の名前はマーク・マニング(?)です。これは、ファルージャで実際に起きていることを伝えないための企てだと見ることができます。

ファルージャは、アメリカによる占領に対して最も敵対的な地域であるスンニ・トライアングルの中心にある。

イラクの国連事務所U.N.A.M.I.に寄せられた2005年1月の日付の報告書(当時は秘密とされていた)では、この街の破壊の様子は「ショッキングだ」と述べられている。

約37000の家が破壊された。

アメリカ軍が赤い×マークを付けた家は消毒されている(?)。

死傷者数の公式な発表は未だされていない。

アメリカのジョン・サトラー(John Sattler)中将は11月18日に「私は、非戦闘員の死傷者がいるとは一切認識していない」と言った。けれど、攻撃の後数日に渡って撮影されたこれらの映像は、彼の言うことを反証しているように思われる。非戦闘員の死傷者は何百人もいた。この地域で生きることは難しいことだった。降伏の白い旗を振っても撃たれた。逃げることができた者もいれば、逃げられなかった者もいた。

女性:この小さな男の子は脚を失いました。負傷したのです。この子はムジャヒディン(ジハードの戦士)でしょうか?彼は、ザルカウィでしょうか?

男性:これは私の息子です。4月のアメリカによる爆撃の後、彼の体は変わり始めました。(この後不明)

ムハメッド・ハディード(?)医師と彼のチームはアメリカによってファルージャに入る権限を与えられた。死者を特定し埋めるという、耐え難い任務を負って。

非戦闘員の死体は、イスラム教のロザリオをまだ握っていたり、奇妙な怪我のあるもの、骨まで焼かれているもの、肉から皮膚が垂れ下がっているもの等があった。

顔も体も文字通り溶けていた。

【10分】

奇妙なことに服は損なわれていなかったので、防弾チョッキを着ている反乱軍と非戦闘員を容易に区別することができた。

外見上は負傷の見当たらない動物の死体もあった。

映像は、バグダッドのハッサン・ナオミ(?)の体から障害物(拘束具?)が外されるところも映している。彼は、ファルージャの抵抗組織に近すぎるという理由で、アメリカ軍によって訓練された新しいイラク軍に逮捕され負傷させられた。ナオミは死んでいるところを発見された。体には拷問の跡がある。いくつかの中東の国の秘密情報機関が情報を得るために行なう拷問と同じ手口だそうだ。

Mohamad Tareq al Derajiさんは生物学の学位を持ち、ファルージャで2004年に設立された(不明)という人権団体の指導者だ。モハメッドはEUに招かれた。

(モハメッドの話)

出席した議員の数は、期待したより少なかった。

モハメッド:(不明)。

モハメッドは、PCを開いてファルージャのある被害者の映像を見せた。熱で顔が溶けている。

モハメッド:(不明)。

インタビュア:どんな状態の死者を見ましたか。

モハメッド:様々です。子ども、女性、若者、年寄りなど。多くは、ベッドの上や台所で殺されているのを発見されました。

目撃者によると、アメリカ軍の攻撃によっていろんな色の火のシャワーが降り、その後、その場所の人間は全員死にました。

インタビュア:なぜ、爆撃はそんなに激しかったのでしょう。

モハメッド:アメリカ人は、敵対者を捕まえたいんだと言う。攻撃の後、アメリカ人は市内に入れなくなった。けれども、アメリカ人は別の理由を言う。ファルージャを攻撃し続ける。ザルカウィと助手を殺すために百以上の家が破壊された。私はファルージャに住んでいるが、「ザルカウィを見た」という人に会ったことがない。ザルカウィはどこにいるんだ?百以上の家を破壊したのに、どうしてまだザルカウィを殺せていないんだ?

アメリカのコロラド州はイラクに派兵されたアメリカ兵のほとんどを送り出している大きな州だ。デンバーから約150キロ西にある山の間で、二人の海兵隊員ジェフとギャレットに会った。彼らはイラク戦争についての情報を提供するインターネットサイトを運営していたが、シークレットサービスがこれを見つけたとき、すぐに閉鎖された。彼らは、友人とファルージャで撮った映像を見せてくれた。

インタビュア:ギャレット、あなたは非戦闘員を撃ったことはありますか?

ギャレット(元アメリカ兵士):はい、あります。

インタビュア:いつですか。

ギャレット:イラクの様々な場面で。もっともよく覚えている場面では、たくさんの銃撃があったので実際に誰がどの非戦闘員を殺したのかは分からないが、結果的に非戦闘員を殺した。警察が攻撃されていたので、我々はそれを守ろうとした。その攻撃の際、非戦闘員が殺された。彼らは、危険な場所から逃げようとして、車をハイスピードで運転して我々の方にまっすぐやってきた。我々はパニックの中、車をマシンガンで撃った。車の中に非戦闘員の死傷者が出た。路上にも。隠れようとしていた人達にその車が突っ込んだので。これは、私が目撃した死の中でも最もつらいものの一つだった。

これらの殺人によって、文章を書き自分を表現したいという気持ちがますます強くなった。文章を書き、アメリカ人にイラクで実際のところ何が起きているのか知らせることで、何か良いことをしている、と感じた。

インタビュア:ジェフ、あなたは2004年11月の攻撃に参加しました。最もドラマチックな攻撃です。化学兵器はファルージャで使われましたか?

ジェフ:アメリカ軍側から?もちろん。白リン弾。ナパーム弾が使われた可能性もあるが、使われたか使われなかったかは知らない。白リン弾が使われたことは知っているが、これは疑いようもなく化学兵器だ。

インタビュア:使われたことは確実か?

ジェフ:はい。

インタビュア:なぜ確信できるのか?

ジェフ:一般の伝達事項として無線で流されていた。こういうことが起きるといつも無線で伝達される。私達はトラックにスピーカーを付けて無線の伝達事項を聞いている。こういう風に言っていた。「ウィスキーピー(ウィスキーのおしっこ)を5滴落とす」「ラジャー」。これは爆撃のことだ。ただ無線で流れてきたんだ。ウィスキーピーというのは軍のスラングだ。

アメリカ国務省の主張とは反対に、白リン弾は敵軍を照明で照らす目的のみに使われているのではなかった。11月8日夜にアメリカ軍のヘリコプターからファルージャに向けて火の雨が降っているこの映像は、化学兵器がファルージャで大量かつ無差別に使われたことを証明している。

その後、アメリカの衛星から撮影された映像は、ファルージャの街が根こそぎ破壊されている様子を示している。

ジェフ:弾頭から出るガス、つまり白リンは、散って雲のようになる。そして、皮膚に触れると、取り返しのつかない被害が生じる。肉が骨まで焼ける。服は必ずしも焼けないが、服の下の皮膚は焼ける。だから、防御マスクは役に立たない。マスクのゴムを通して顔まで届くから。呼吸したらのどと肺に水泡ができて息ができなくなり、体が内側から焼ける。白リンは、基本的に皮膚、酸素、水に反応する。湿った泥を使うことによってのみ焼けるのを止めることができるが、基本的には止めることは不可能だ。

インタビュア:これらの兵器の効果を見たことはありますか?

ジェフ:はい。焼けた死体、焼けた子どもや女性です。白リン弾は無差別に殺します。雲状になって、たいていの場合150メートルに渡って影響を及ぼし、その範囲に存在する全ての人、動物を焼きます。

【20分】

いくつかの映像は、モスクへの冒涜、壁やコーランに描かれた黒い十字架を映しています。

インタビュア:これについて何か知っていますか?

ジェフ:一年に渡って戦闘に関わってフラストレーションをためているアメリカ軍の兵士たちが、文化破壊行為を行うことになんのちゅうちょもないだろうことは、疑いない。無差別の文化破壊行為というのは、よくあることだ。バビロンの古代建築物、歴史的遺跡の壁にだって彫った跡がある。こういう壁に兵士が「ハロー、ママ」なんて彫るのはとてもよくあることだ。アメリカ軍、特にフラストレーションを抱えている兵士には、他者を尊重する気持ち
が欠けていると思う。

私自身は、モスクを冒涜する行為を目撃していない。私達の隊はその点についてよく規律を守らせていた。けれど、いくつか話は聞いた。サマラ、バグダッド、ミズーオ(?)などでモスクが攻撃されたり冒涜されたり、コーランが破損されたり。よくあることだ。

インタビュア:選挙の結果、ブッシュの勝利が確定するまでファルージャへの爆撃を待った、というのは本当ですか?

ジェフ:その質問をしてくれて嬉しい。それこそが、まさに起こったことだ。兵士だって何が起こっているかはわかっていた。アメリカの選挙が終わるまで待ってからファルージャに入る、と指示された。既に作戦の準備は全て整っていて、行く準備はできていた。選挙が終わるまで2〜3日待った。そして、ケリーとブッシュが接戦だとわかると、何人もの高官が早くファルージャに入りたくていらだっていた。2000年のゴアとブッシュのときに結果がわかるまで一週間ぐらいかかったが、あれがまた起きて欲しくない、と思っていたんだ。

ケリーが敗北を認めたら、一日のうちに作戦は開始された。

私達は、選挙が終わるまで待った。私達は、選挙が終わってからファルージャに入るようにペンタゴンから直接指示された。そして、それがまさに私達のしたことだ。

Alice Mahonさんは1987年から数ヶ月前まで英国議会の労働党代議士だったが、辞任を決意した。

2003年来、マホンさんは、アメリカ軍による化学兵器の使用について国防省に対し議会の調査を行なってきた。

国防省は、何回か「知らない」と答えることで済ませようとした後、2005年6月13日付けの文書で以下のように答えた。「(不明)。アメリカは、ベトナムで使い残したナパーム弾を2001年に全て破棄したと主張している。けれど、2003年の海軍などの報告は、アメリカがMK77を使ったことを示している。MK77の成分はナパームと同じではないが、同様の破壊的効果を持っている。ペンタゴンは、非戦闘員がいる地域ではこれらの兵器は通常使用されない、と言っている」

マホンさん:私は議席を失ったのではなく、自らの意思で辞任したのです。私達に全く害を及ぼしていない人達に対して非合法で血まみれの戦争を指揮している政府の、一部になりたくなかったから。戦争、すなわちイラクへの爆撃が始まったばかりの頃、アメリカ軍はナパームに類似した成分の兵器を使ったことを認めていました。私の質問に対して英国政府は、その点は認識していない、と答えた。けれど、政府が言うことを全て信じられるとは思っていません。私は、議会から辞任した後も追及を続け、数ヵ月後に国防省の大臣自身から返事がありました。イラク爆撃においてナパームに類似の成分を使った兵器が使われたと認めました。

インタビュア:国連の条約がナパーム弾を禁止しており、アメリカもそれに署名している。MK77とナパームの違いは大きいですか?

マホンさん:いいえ。人に対して使われると、全く同じ効果を持っています。人体を焼いて破壊し、溶かします。全く同じ効果を持っています。名前が違うからと言ってなんの意味があるでしょう。

アメリカも私達の政府も間違っています。けれど、この戦争では国連が何回も繰り返し無視されてきました。

インタビュア:アメリカは、なぜ、これらの兵器を減少させる条約に署名しないのでしょう?

マホンさん:アメリカは自分たちの権利や責任について世界中にお説教し、国連が言うことにもうるさいです。もちろんアメリカは、国連決議に従わなかった件でイラク政府を大いに批判しましたが、自分達自身は国連決議を超越しており従わなくていいと思っているのです。

インタビュア:この戦争は大量破壊兵器を見つける目的で始められました。それなのに、アメリカによって化学兵器が使われる結果となったことは逆説的ではないですか?

マホンさん:もちろん。この偽善はひどいものです。大量破壊兵器はありませんでした。誰に対しても脅威ではない、背骨の折れた(すっかり力が弱まったの意?)独裁者がいるだけでした。私の意見では、アメリカはこの地域の石油を支配したかったのです。

けれど、アメリカとイギリスはこの戦争についてどこにも隠れることはできません。事実は明らかになり、ブッシュと私達の首相は全てを白日の下にさらされるでしょう。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

☆小泉首相、ファルージャ攻撃の支持を明言 野党は批判(去年の朝日新聞)

http://www2.asahi.com/special/jieitai/TKY200411090192.html

http://www.asyura2.com/0510/senkyo16/msg/989.html

小泉首相は9日、米軍などによるイラク・ファルージャへの総攻撃を支持する考えを表明した。国連のアナン事務総長はブッシュ米大統領に「武力行使がイラクを不安定化することもありうる」と懸念を伝えているが、首相は総攻撃を治安安定への努力と位置づけ、米国支持の姿勢を改めて鮮明にした。野党3党は同日、首相の発言をそろって批判した。

首相は同日昼、記者団に総攻撃を「成功させなきゃいけない」と明言。同日夜には「イラク暫定政府にとっては、まず治安を回復させないと国造りも思うようにいかない。早く治安が回復するよう、暫定政府も本腰を入れ始めたということだと思います」と語った。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


posted by はなゆー at 08:01| ☔| Comment(1) | TrackBack(8) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トラックバック有難う御座いました。補足資料として貴重な事柄でした。お礼を申し上げます。
Posted by sayuki at 2005年12月04日 20:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

WAR CRIMES
Excerpt:  ローマでデモがあった。何の飾り気もないプラカードに、おおきく WAR CRIM
Weblog: 反戦老年委員会
Tracked: 2005-12-01 17:41

この国の「構造的欠陥」
Excerpt: はなゆーさんから【増補版】イタリア国営放送「ファルージャ・隠された大虐殺」和訳
Weblog: そぞろ日記
Tracked: 2005-12-01 21:55

何を勘違いを・・・
Excerpt: 白燐弾が化学兵器でなくて発火兵器だってメールいっぱい来た で、根拠がU.S.ウェ...
Weblog: Let's blow!毒吐き@てっく
Tracked: 2005-12-02 14:20

日記:ブッシュに届けたかったことば
Excerpt: TBをありがとうございました。表示されていないことに気づいたので、遅くなりましたが表示しました。
Weblog: P-navi info
Tracked: 2005-12-07 17:00

イラク戦争:ファルージャで米軍は何をしたのか
Excerpt:  今からちょうど1年前、イラクのファルージャ(Falluja)という町で、アメリカ軍による徹底的な掃討作戦が行われていた。町の周囲を厳重に包囲したアメリカ軍によって、この場所からほぼ完全にジャーナリス..
Weblog: 私的スクラップ帳
Tracked: 2005-12-11 11:54

沖縄県知事選挙を考えるとき・・・
Excerpt: 沖縄県知事選挙(2006年11月19日)の重大な争点の1つは、普天間基地の移設問題です。 辺野古への移設に賛成か反対か、なのですが、そもそも普天間基地を含む沖縄などの米軍基地が関わる戦争の実態を知るこ..
Weblog: 平和への結集ブログ
Tracked: 2006-11-17 07:34

大衆に俗受けするものと戦場の実態と
Excerpt:  私たちの社会に溢れている残酷であり、また露骨な性描写による劇画やマンガ&アニメや映画、また低俗番組や低俗記事などは、今の時代を反映している。そしてオーディエンスを動かすのは、その時々のオーディエンス..
Weblog: 世評不感症の詩
Tracked: 2006-11-27 23:43

イラク戦争:ファルージャで米軍は何をしたのか
Excerpt:  今からちょうど1年前、イラクのファルージャ(Falluja)という町で、アメリカ軍による徹底的な掃討作戦が行われていた。町の周囲を厳重に包囲したアメリカ軍によって、この場所からほぼ完全にジャーナリス..
Weblog: 私的スクラップ帳
Tracked: 2009-01-27 08:13
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。