2010年10月05日

検察審査会が小沢起訴を決めたのは「違法議決」だったらしい

郷原信郎(元・検事)
http://twitter.com/nobuogohara/status/26405250884
昨日の段階では、議決書の冒頭の被疑事実(不動産取得時期、代金支払時期の期ズレだけ)が、当然、そのまま起訴すべき犯罪事実になっていると思っていたが、よく見ると、添付されている別紙犯罪事実には、検察の不起訴処分の対象になっていない収入面の虚偽記入の事実が含まれている。



郷原信郎(元・検事)
http://twitter.com/nobuogohara/status/26405407747
検察の公訴権独占の例外として検察審査会議決による起訴強制が認められている趣旨に照らして、不起訴処分の対象事実を逸脱した被疑事実で起訴相当議決を行うことは許されない。今回の起訴相当議決は無効であり、強制起訴手続をとることはできない。



ashura820
http://twitter.com/ashura820/status/26415720997
検察審査会法第41条の7 
検察審査会は、起訴議決をしたときは、議決書に、その認定した犯罪事実を記載しなければならない。この場合において、検察審査会は、できる限り日時、場所及び方法をもつて犯罪を構成する事実を特定しなければならない。
だから今回の議決は無効でしょ、訴えるべき。





279 名前:無党派さん[sage]
投稿日:2010/10/05(火) 10:22:21 ID:KHvT7vrR [1/4]

そもそも小沢の強制起訴は公訴棄却だという見方が出ている
裁判が始まる前に無罪
検察が不起訴にした以外の事実での起訴を求める議決をしたらしい
これは刑事訴訟法と検察審査会法に違反する違法なもののようだ




283 名前:無党派さん[sage]
投稿日:2010/10/05(火) 10:33:23 ID:KHvT7vrR [2/4]

検察が不起訴にした公訴事実以外を「起訴」したなら
不告不理の大原則(当事者主義の訴訟構造)真向から違反して
起訴そのものが無効で公訴棄却だろう

検察審査会は検察が不起訴にした事実以外で起訴したのだぞ




286 名前:無党派さん[sage]
投稿日:2010/10/05(火) 10:37:46 ID:KHvT7vrR [3/4]

それは検察審査会が違法議決したと言う事だ
小沢に興味は無いが
こういう違法が罷り通って良いのかね




288 名前:無党派さん[sage]
投稿日:2010/10/05(火) 10:38:53 ID:cMVIUCrr

検察が不起訴にした判断について(のみ)
検察審査会がその是非を審査する(ルールとなっている)




290 名前:無党派さん[]
投稿日:2010/10/05(火) 10:42:05 ID:rw4Jzt3u [1/2]

検察審査会法39条の5には
「検察官の公訴を提起しない処分の当否に関し」
となっているな。

公訴棄却されるかどうかは分からんが、当然弁護側は争点にしてくるな。

刑事訴訟法上の論点として興味深い。




296 名前:無党派さん[sage]
投稿日:2010/10/05(火) 10:46:16 ID:KHvT7vrR [4/4]

小沢弁護団なら
指定弁護士が起訴した時点で公訴棄却の申し立てをするだろうな



300 名前:無党派さん[sage]
投稿日:2010/10/05(火) 10:51:19 ID:c6gOoUpT [6/7]

検察庁が壊れてるだろ
検察審査会も例外じゃないぞ?
少なくとも法律というものがあるんだからさ。
明らかな違反しちゃだめだ。



304 名前:無党派さん[sage]
投稿日:2010/10/05(火) 10:54:36 ID:0YOkWOUh [2/2]

検察審査会の悪事がバレるのも時間の問題だろう
今の検察のようにな

アストロ球団 第四巻

アストロ球団 第四巻

価格:5,670円(税込、送料別)

ラベル:小沢一郎
posted by はなゆー at 11:21| Comment(0) | TrackBack(2) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〔小沢失脚〕検察審査会で「補助弁護士」を務めた人物は過去に大騒動

「9月上旬に東京地検特捜部副部長から説明を受け」

「『起訴すべきだ』という方針は、割と早い段階で決まった」




☆小沢氏法廷へ:政界と検察に激震〜議決は代表選当日 (毎日新聞)

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101005ddm041010010000c.html

http://www.asyura2.com/10/senkyo96/msg/794.html

第5審査会で議決書作成を補助する審査補助員の吉田繁実弁護士は4日夜、取材に「代表選と同じ日に議決したのは偶然で、議決は(代表選の)結果が出る前にされた」と説明した。9月上旬に東京地検特捜部副部長から説明を受け、「特捜部が手がけた事件で、政治家案件。プレッシャーがあった」と振り返った。「『起訴すべきだ』という方針は、割と早い段階で決まった」とも明かした。




☆補助弁護士・吉田繁實の正体? (毒蛇山荘日記)

http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20101004/1286203324

http://www.asyura2.com/10/senkyo96/msg/789.html

小沢一郎に対する「強制起訴」の議決を行なった「検察審査会」の補助弁護士の名前とその正体が、ネツトを中心に次々と明らかにされ、暴露されつつある。城山タワー法律事務所所属の弁護士・吉田繁實がその補助弁護士らしい。




《資料》

http://www.asyura2.com/10/senkyo96/msg/792.html

平成20年(う)第2406号

平成21年7月28日(口頭届日)
平成21年8月3日(書類提出)


国選弁護人解任請求書


東京高等裁判所 第9刑事部 御中

請求者 北詰淳司



刑訴法第38条の3に定める「国選弁護人の解任」の「二」・「四」項の解任理由に該当する為!下記する2名の弁護人の解任を請求するものである。

尚 新たな刑事訴訟に精通した国選弁護人の選任を請求するものである。更に、平成21年8月5日の法廷も新たな国選弁護人が選任され、「弁論再開請求書」が提出され、弁論再開が成るまで延期を請求するものである。




上記の被解任当事者2名。


1人目、平成21年4月17日付「国選弁護人選任通知書」により、被告人北詰淳司(以下は当方と記載する。)の国選弁護人に選任され。同4月22日付「主任弁護人指定通知書」で主任弁護人になった、吉田繁實である。

2人目、平成21年4月17日付「国選弁護人選任通知書」により、当方の国選弁護人になった、尾澤宏和である。



一、解任の趣旨。

1、 検察の「証拠番号3・4」を、主任弁護人の吉田繁實が被告人を騙し脅かして、同意させた事実があり、

(1)、且つ、これら「証拠番号3・4」は河野洋子の事実の捏造であり、河野洋子の証言が殆ど偽証であることを証明するもので在るのに、それを国選弁護人は法廷で当方に証明させず、証明どころが「証拠番号3・4」に触れもせず、終わったのである。

(2)、要するに、平成21年7月7日に突然に主任弁護人の吉田繁實が、検察からの証拠提出がされたと言うのに対して、当方は全て不同意にすると言うと、検察の「証拠番号3・4」を不同意にしても警察のは別だが、検察のものは証拠提出されると威圧し、原審での経緯までも無視した物言いをして置き、更に、同年7月8日には尾澤宏和弁護人も前日同様に同席するなかで、主任弁護人の吉田繁實が検察の「証拠番号3・4」を同意しなければ、当方の控弁第1号証・第2号証も認められない。」と騙し、脅してまで、当方に同意をさせた事実。それは、検察の原審等からの経緯に因り、到底法廷に提出で来るものでない為、出せない為、当方の弁護をすべき立場の主任弁護人の吉田繁實・尾澤宏和が騙し・脅しまでして、当方の利益・防御権等を犯してまで検察を幇助した事実。

(3)、そして、正に、「(2)」・「(1)」が成功したことで、検察の「証拠番号3・4」が河野洋子の証人尋問調書が偽証である事実を証明している事実を、更に、暴露する事になる為。最初から裁判所と弁護人が当方の供述質問をさせないで、河野洋子の尋問をすると強調していた河野洋子の証人尋問を止め、東京歯科大の山倉大紀医師等の証人尋問も却下し、さらに、不十分な当方の供述も終わりにして、結審した事実。

(4)、因って、検察の為に国選弁護人が行ったことは検察が高裁で何らの主張も出来(河野洋子の証人尋問で前回の偽証を誤魔化す以外では)ない状態(公訴事実が無いと成っている。)を当方の為ではなく、
検察の為に、わざわざ国選弁護人が検察の主張の正当性は皆無ではない。と成る様に仕立て上げたままで、ましてや、控弁第3号証も共に残した状態で在っては、控訴事実は無いとは言い切れないと、また、経緯からして有罪とされる可能性を作り上げたのである。
誰もが、この事実を把握すれば刑訴法第38条の3「国選弁護人の解任」どころか、憲法第37条の「刑事被告人の権利」を奪っていることは明らかだと、言うものである。

(5)、さらに、平成21年7月28日には「弁論再開申立書」を作成中に捺印は押すが承服しがたい事項があるといいだすのである。
それは、「(2)」の「主任弁護人の吉田繁實が検察の「証拠番号3・4」を同意しなければ、当方の控弁第1号証・第2号証も認められない。」と騙し、脅してまで、当方に同意をさせた事実。」は無いと言い出すのである。
因って、何回が言い分を確認し、最早、何も言う必要も無く我慢も限界であり、我慢する必要も無くなった為、上記の平成21年7月28日(口頭届日)と在る様に、この日の内に2名の「国選弁護人の解任」請求を口頭で東京高等裁判所第9刑事部の主任書記官伊藤昇氏に伝えた次第である。

(6)、挙句に、平成21年7月30日に、高検に確認したところ、検察の「証拠番号3」は国選弁護人へ渡すときに、同書証に添付されている、河野洋子から提出された。

@、「会員名簿欄」(野武士会)の3枚も、カラーでコピーしたものを、「証拠番号3」に添付して国選弁護人には渡していると言う。

A、顔写真(NO,1「4枚。」)・(NO,2「3枚。」)・(NO,4「4枚。」)の3枚もカラーでコピーしたものを、「証拠番号3」に添付して国選弁護人には渡していると言う。

 以上は検察とは言え、更なる、怒りを国選弁護人へ覚えるものである。
これらは、当方が常々写真等はカラーでと言っている事であり、

B、まして、「証拠番号3」に添付されている写真は、山倉大紀医師の証人尋問調書が捏造されているものである。原審の国選弁護士(宮下進・清水重呂)と裁判所が絡んでいる証拠でもある大切な写真で在ると、今回解任する吉田繁實・尾澤宏和弁護人には口がすっぱくなるほど、言い尽くしている事項なのである。

C、したがって、当然に、国選弁護人へカラーで検察から届いていないのかと聴いており、確認しているのにカラーで来ているとは言わなかったのである。「B」の件からしても、必須なのであり、まさに、証拠隠滅である。当方の利益・防御権からしても国選弁護人が取るべき行為ではなく、許されることではない。更に共通するのが、これ等は意図で在ることは下記する控弁第3号証「「傷害事件被害者の被害状況再現実施結果報告書」に関しての理不尽(当方を出来れば有罪にする様にする行為。)に共通するものなのである。  

古谷一行/三つ首塔 リマスター版

古谷一行/三つ首塔 リマスター版

価格:4,935円(税込、送料別)

posted by はなゆー at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世田谷区深沢の土地登記簿謄本を読むと「小沢無罪」を確信できるようだ

☆土地の登記簿謄本 東京都世田谷区深沢8丁目28−19 「小澤一郎」 (日常の活動日記)

http://blog.goo.ne.jp/capitarup0123/e/18f20f68c59bac72e34dc4eda0369be8

http://www.asyura2.com/10/senkyo96/msg/782.html



土地の登記簿謄本 東京都世田谷区深沢8丁目28−19
http://www.olive-x.com/news_30/clip.php


内容を見て驚きました。
想定外の情報を発見したのです。

なんと例の土地の地目を畑から宅地に変更したのは2005年7月29日、この変更を登記したのが2007年4月5日になっていたのです。

所有権移転登記である2005年1月7日の、なんと2年3ヵ月後ではないですか。

驚きました。

そもそも陸山会のような政治資金団体は、権利能力なき団体であって、不動産を所有したり登記することはできません。 

ですから、陸山会と買主である小澤一郎個人の間にしかるべき取り決めがない限り、陸山会は不動産をもつことはできません。

本件土地に関しては、登記上小澤一郎個人の所有権が確定した05年1月7日に、陸山会と小澤一郎個人との間に確認書を交わすことによって、やっと実質上陸山会のものになりました。 

したがって直接売主から買った買主は、あくまでも小澤一郎個人ということになります。登記簿謄本 を見てみましょう。

「平成17年1月7日売買」とされ、【権利者その他の事項】を見ると、「所有者 岩手県水沢市袋町2番38号 小澤一郎」となっています。

もちろん旧字体の「澤」が使われています。 これで売買が行われた日は05年1月7日で、買主は小澤一郎個人であることが明確に立証されました。 

ついでに「2」の上段を見てみると、「平成16年12月29日」には、「10月5日売買予約」によって、「所有権移転請求権仮登記」がなされており、【権利者その他の事項】欄でも、「所有者」ではなく「権利者」と表示されています。つまり、検察が土地を買ったとする04年10月29日には、売買は行われていないことが見てとれます。

売買を実行しようにも、できない事情があったのです。 それは【表題部】の【2:地目】が「畑」になっていることで分かります。地目が「畑」の場合、農地法5条によって、直ちには売買できないのです。 

この規定は、農地が市街化地区であるか否かによって異なり、市街化地区の場合は、地元の農業委員会に届け出、受理通知書を発行されるまで、所有権移転はできません。

本件土地では黒く塗り潰されていますが、売主は非耕作者である不動産業者であることから、市街化区域の農地であることが分かります。

したがって04年10月29日に代金全額を払っていても、登記は「所有権移転請求権仮登記」どまりでしかなかったのです。 

もともと買主は陸山会ではなく、小澤一郎個人であるわけですから、04年の収支報告書に本件土地の代金や土地を記載することはありえないわけで、不記載の罪など、とんでもない言いがかりです。
 
もちろん小澤一郎個人は陸山会に単に名義を貸した形式的な所有者であり、本件土地の所有者は実質的に陸山会であるから、当初から陸山会が代金を払って購入したという解釈ももちろんありでしょう。

最も説得力があるのは、客観的な公文書の記載を基準にすることであると思いますし、そうすれば収支報告書との整合性は完璧であり、不記載や虚偽記載による「期ずれ」など何一つない「白より白い真っ白」であると考えています。




《備考》

☆小沢氏石川氏の無実を示す土地登記簿画像発見
(太陽光発電日記)

http://yokotakanko.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-0a12.html

http://www.asyura2.com/10/senkyo96/msg/705.html


陸山会事件の訴因とされた世田谷区の土地の登記簿画像(クリックしたら拡大します)
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/2094.gif

(略)

しかし、2004年段階で、陸山会代表小沢一郎所有の事務所用地どころか、個人小澤一郎所有の農地(地目・畑)になる以前の段階の土地を、陸山会の事務所経費として計上しないほうが当然だと思います。

【22%OFF!】女王蜂(DVD)

【22%OFF!】女王蜂(DVD)

価格:3,931円(税込、送料別)


posted by はなゆー at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月04日

〔メモ〕ネパール共産党・統一毛沢東主義派の広報宣伝戦術

☆ネパール共産党統一毛沢東主義派
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%85%B1%E7%94%A3%E5%85%9A%E7%B5%B1%E4%B8%80%E6%AF%9B%E6%B2%A2%E6%9D%B1%E4%B8%BB%E7%BE%A9%E6%B4%BE

一方、農村各地を巡業しながら、演劇によってマオイストの正義と国王の残虐性を宣伝する宣伝工作隊も存在した。

(略)

また、実効支配地域にFMラジオ局「ラジオ人民共和国ネパール」を設け、党の主張を放送した。

ネパール・カトマンドウの都市ガイド

ネパール・カトマンドウの都市ガイド

価格:1,890円(税込、送料別)

posted by はなゆー at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

会計士補「資金収支報告書で小沢一郎被告の無罪を証明できる」

会計士補
http://twitter.com/Meisou_AK/status/26343080237
拙ブログの再々ツイートだけど、別に登記簿謄本がなくたって資金収支報告書だけで小沢氏がシロである事は簡単に証明できるよ

         ↓

http://ameblo.jp/meisou-ak/entry-10431311063.html

要するに、早い話が小沢氏が自分のポケットマネーで買った3億4千万円の土地を陸山会に無償で提供したと考えるのが自然ってことではないでしょうか。

だとすると、小沢氏は私腹を肥やすどころか、私財をなげうって秘書宿舎の土地を自ら購入したという形式になります。

いずれにしても、平成16年時点で、少なくとも自身の政治活動目的に使用する事が客観的に見て明らかでない限り、記載を要する物とは言えないのではないのでしょうか。
posted by はなゆー at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〔小沢騒動〕前回の検察審査会が唯一起訴相当にした部分すらシロか

☆小沢氏石川氏の無実を示す土地登記簿画像発見 
(太陽光発電日記)

http://yokotakanko.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-0a12.html 

http://www.asyura2.com/10/senkyo96/msg/705.html


陸山会事件の訴因とされた世田谷区の土地の登記簿画像(クリックしたら拡大します)
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/2094.gif

(略)

しかし、2004年段階で、陸山会代表小沢一郎所有の事務所用地どころか、個人小澤一郎所有の農地(地目・畑)になる以前の段階の土地を、陸山会の事務所経費として計上しないほうが当然だと思います。


             ↓


ピノール佐々木
http://twitter.com/pinool/status/26322429043
農地購入なのでこれを宅地にする手続き完了が翌年1月。
これが期ずれの原因。
検察審査会が唯一起訴相当にしている部分すら白。
小沢系議員はこれをいつでも説明できるようにするべき!


吉川哲二政経研究所
http://twitter.com/tetujiisan/status/26321783339
分かりやすい登記簿です。

悪魔の手毬唄 上巻 【DVD】

悪魔の手毬唄 上巻 【DVD】

価格:3,591円(税込、送料別)


posted by はなゆー at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小沢一郎・石川知裕両議員の無実を証明する土地登記簿を発見?

☆小沢氏石川氏の無実を示す土地登記簿画像発見 
(太陽光発電日記)

http://yokotakanko.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-0a12.html 

http://www.asyura2.com/10/senkyo96/msg/705.html


陸山会事件の訴因とされた世田谷区の土地の登記簿画像(クリックしたら拡大します)
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/2094.gif

(略)

しかし、2004年段階で、陸山会代表小沢一郎所有の事務所用地どころか、個人小澤一郎所有の農地(地目・畑)になる以前の段階の土地を、陸山会の事務所経費として計上しないほうが当然だと思います。

犬神家の一族

犬神家の一族

価格:4,442円(税込、送料別)

posted by はなゆー at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

〔メモ〕中国軍が赤瓜礁(南沙諸島)を武力制圧した「赤瓜礁海戦」

☆南沙諸島
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E6%B2%99%E8%AB%B8%E5%B3%B6

南沙諸島(なんさしょとう)、スプラトリー諸島(Spratly Islands)とは、南シナ海に浮かぶ約100の小さな島々。諸島全体は大変小さな島々で構成され、互いの距離は十数キロメートルから数十キロメートル程度で位置している。

一般の人が普通に居住できる環境ではなく、島そのものにはほとんど価値が無いが、海洋・海底資源が見込める。

そのためベトナム、フィリピン、マレーシア、ブルネイ、中華民国(台湾)、中華人民共和国が領有権を主張している。

現在、島を実効支配しているのは中華民国(台湾)、中華人民共和国、フィリピン、ベトナム、マレーシアである。

(略)

1988年3月南沙諸島における領有権をめぐり中華人民共和国とベトナム両海軍が衝突(赤瓜礁海戦)し、中華人民共和国が勝利支配する。





☆赤瓜礁海戦
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A4%E7%93%9C%E7%A4%81%E6%B5%B7%E6%88%A6

赤瓜礁海戦(あかうりしょうかいせん。1988 Spratly Islands naval battle)は、中華人民共和国とベトナムの間で1988年3月14日に行われた戦争。ベトナムが統治していた南沙諸島の赤瓜礁に中華人民共和国が攻撃をしかけ、中国の統治下とした戦い。この戦闘で、ベトナム水兵70名以上が死亡した。




☆Johnson South Reef Skirmish
http://en.wikipedia.org/wiki/Johnson_South_Reef_Skirmish

The skirmish was sparked by Chinese activities on Johnson Reef in March, 1988.

On January 21, 1988, the Yibin arrived at the Spratly Islands and on January 31, People's Liberation Army Navy troops were detected at Johnson South Reef. Vietnamese forces were rushed into the area to prevent them.

On February 22 and on March 5, PLA-N frigates Nanchong, Xiangtan and Yingtan were dispatched as reinforcements to the area while the Vietnamese dispatched their own forces on March 11 from Ba Son naval yards in Ho Chi Minh City.


The PRC's accounts reported the skirmish as following:

On March 13, the Nanchong detected PAVN vessels HQ-604 heading toward Johnson South Reef, HQ-605 heading toward Lansdowne Reef, and HQ-505 heading toward Collins Reef in a simultaneous three-prong intrusion upon the disputed reefs.

On March 14, PLA-N forces lead by Yingtan arrived at Johnson South Reef and disembarked 25 naval infantrymen: the Nanchong already onsite disembarked a further 33 naval infantrymen in support. The Xiangtan was dispatched to Lansdowne Reef to counter the intrusion there.

At approximately 07:30 hours on Johnson South Reef, Vietnamese troops attempted to erect the Vietnam flag on the reef. It was reported that PAVN Corporal Nguyen Van Lanh and PAVN Sublieutenant Tran Van Phuong disputed the flag against PLA-N sailor Du Xianghou resulting in pitch battle between the two opposing forces. Vietnamese forces, with HQ-604 in support, opened fire in response. PLA-N forces and the Nanchong counter-attacked at 08:47 hours: HQ-604 was set ablaze in the firefight and sunk. in the same morning was fought between the Yingtan and HQ-505 which was beached at Collins Reef. The subsequent firefight resulted in the loss of the PAVN vessel, HQ-505.

At 09:15 hours, the Xiangtan arrived at the Lansdowne reef and discovered 9 Vietnamese troops from HQ-605 had already landed. The Xiangtan immediately hailed the Vietnamese forces demanding their withdrawal from the reef and was met with Vietnamese fire in reply.
In the ensuing firefight, the HQ-605 was damaged heavily and sunk by the Chinese.

posted by はなゆー at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月19日

尖閣諸島で軍事衝突の場合でも米軍は日本に協力する義務がない!

☆中国漁船衝突 米、尖閣は日米安保の対象 組織的な事件と警戒
(9月16日の産経新聞)

http://sankei.jp.msn.com/world/china/100917/chn1009170010000-n1.htm

米政府の認識と立場は、クローリー国務次官補(広報担当)によって端的に表明された。同氏は8月16日の記者会見で(1)尖閣諸島は日本の施政下にある(2)日米安保条約5条は、日本の施政下にある領域に適用される−との見解を表明。そのうえで「条約が尖閣諸島に適用されるかと問われれば、そうだ」と明言した。



《外務省ホームページより》

日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/usa/hosho/jyoyaku.html

第五条

各締約国は、日本国の施政の下にある領域における、いずれか一方に対する武力攻撃が、自国の平和及び安全を危うくするものであることを認め、自国の憲法上の規定及び手続に従つて共通の危険に対処するように行動することを宣言する。

前記の武力攻撃及びその結果として執つたすべての措置は、国際連合憲章第五十一条の規定に従つて直ちに国際連合安全保障理事会に報告しなければならない。その措置は、安全保障理事会が国際の平和及び安全を回復し及び維持するために必要な措置を執つたときは、終止しなければならない。




《日米安保条約・第5条の抜け道》

「(日米両国の)共通の危険に対処するように行動する」

          ↓

・米国にとって猛威ではないなら、条約は発動されない抜け道がある。

・米国にとって猛威であっても、敵陣地の写真1枚を日本に提供することによってでも、いちおうの(日本への協力)義務を果たしたことにしてしまう抜け道がある。

トリック -劇場版 2- 超完全版

トリック -劇場版 2- 超完全版

価格:5,670円(税込、送料別)

posted by はなゆー at 12:46| Comment(3) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月18日

〔尖閣〕中国と日本の「軍事技術面」での格差はそれほど大きくない

☆中日の陸海空技術の比較 (9月14日のチャイナネット)

http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2010-09/14/content_20929930.htm
中国はロシアの最先端のチタン合金加工技術を導入、同時に中国の複合素材技術もすでに比較的成熟しており、先進戦闘機の素材技術は完全に掌握していると言える。


http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2010-09/14/content_20929930_2.htm
中国はデジタル電送技術を掌握しているが、日本はまだ掌握していない。


http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2010-09/14/content_20929930_3.htm
以上の分析から、中国は海軍の技術ですでに日本を追い越したようだ。だが過去、長期にわたり遅れを取り、また債務が過多であることから、中国海軍はその実力でまだ日本に追いついてはいない。



http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2010-09/14/content_20929930_4.htm
だが、日本のハードウエアは先進的であっても、ソフトウエアは遅れており、かなりの程度、米国に依存している。

白村江

白村江

価格:756円(税込、送料別)

posted by はなゆー at 22:28| Comment(1) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月09日

〔メモ〕アンゴラは「レアアース(希土類)」が豊富

☆アフリカ 中国依存脱却探るアンゴラ (毎日新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100909-00000001-maiall-cn

http://www.asyura2.com/09/kokusai4/msg/896.html

見返りに中国が得たのは、サハラ砂漠以南のアフリカで第2位の埋蔵量を誇る石油だ。

(略)

アンゴラには鉄鉱石や銅、レアアース(希土類)など鉱物資源が多数埋蔵され、その全容は把握されていない。

新書アフリカ史

新書アフリカ史

価格:1,470円(税込、送料別)

ラベル:アンゴラ 
posted by はなゆー at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〔尖閣諸島〕中国側主張「琉球国の最西端は久米島」

日本サイドは以下のような主張に対して、英文および中国文できちんと反論して、国際世論に説明することが望ましい。国際世論を念頭に置かない外交は無謀。


なお久米島については
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%85%E7%B1%B3%E5%B3%B6
が簡潔。


            ↓



☆釣魚島発見、中国人は日本人より76年早かった
(人民日報。6月21日)

http://j.people.com.cn/94475/7033277.html

日本が釣魚島に対する主権を主張する理由のひとつに、日本人・古賀辰四郎が1884年に同島を「発見」したことが挙げられている。しかし沈復が釣魚島を発見したのは1808年で、日本人より76年早かった。

(略)

沈復のこの記述は、解決しがたい論争に確固たる証明を提供している。文中では琉球国西部領域が姑米山(現在の沖縄県久米島)から始まり、黒水溝は中国(清朝廷)と琉球国の分界線で、釣魚島が中国領域内にあることをはっきりと、明確に指摘している。




☆釣魚島は古来、中国固有の領土
(人民日報。3月10日)

http://j.people.com.cn/94474/6924884.html

中国側の立場は。

釣魚島とその付属の島は古来、中国固有の領土であり、中国はこれに対して論争の余地のない主権を有している。





《また、1996年10月18日付「人民日報」には以下の記載が》

http://japanese.china.org.cn/jp/archive/dydzt/2009-02/04/content_17223352.htm

中国は明の太祖の時代から琉球国へ冊封使の派遣を開始した。1534年の明代第11次冊封使・陳侃の『使琉球録』には、彼らが琉球国の使者と共に琉球へ向かう様子が次のように記されている。

十日、南風はなはだつよく、舟は飛ぶように進み、流れにそって下ってもあまり揺れなかった。平嘉山、釣魚嶼、黄毛嶼、赤嶼を次々と通りすぎ、見る暇もないくらいだった。一昼夜で三日間の航路を進み、夷の舟は帆が小さく、われわれの舟に及ばなかった。その後、十一日の夕方に古米山が見えた。これは琉球に属するもので、夷の人は舟上で歌い踊り、故郷への到着を喜んでいる。(訳注)」(1)古米山は姑米山(島)とも呼ばれ、現在の沖縄県久米島を指す。夷人は、当時船上にいた琉球人のことを指す。文中では琉球人が古米山を見て「舟上で歌い踊る」という、帰還の喜びがありありと描写されており、当時の琉球人が釣魚島を過ぎ、久米島に至って初めて「自国に帰ってきた」と認識していることがうかがえる。釣魚島、黄尾嶼、赤尾嶼などは元来琉球国には属さないことになる。





《備考〜「尖閣」列島−釣魚諸島の史的解明(井上清)》

http://www.mahoroba.ne.jp/~tatsumi/dinoue0.html

 ところが清朝の第二回目の冊封使汪楫(おうしゅう)は、一六八三年に入琉するが、その使録『使琉球雑録』巻五には、赤嶼と久米島の間の海上で、海難よけの祭りをする記事がある。その中に、ここは「中外ノ界ナリ」、中国と外国との境界だ、と次のように明記している。

 「二十四日(一六八三年六月)、天明ニ及ビ山ヲ見レバ則チ彭佳山也……辰刻(たつのこく)彭佳山ヲ過ギ酉(とり)刻釣魚嶼ヲ遂過ス。……二十五日山ヲ見ル、マサニ先ハ黄尾後ハ赤尾ナルベキニ、何(いくばく)モ無ク赤嶼ニ遂至ス、未ダ黄尾嶼ヲ見ザルナリ。薄暮、郊(或ハ溝ニ作ル)ヲ過グ。風涛大ニオコル。生猪羊各一ヲ投ジ、五斗米ノ粥ヲソソギ、紙船ヲ焚キ、鉦ヲ鳴ラシ鼓ヲ撃チ、諸軍皆甲シ、刃ヲ露ハシ、(よろい・かぶとをつけ、刀を抜いて)舷(ふなばた)ニ伏シ、敵ヲ禦(ふせ)グノ情(さま)ヲナス。之ヲ久シウシテ始メテヤム。」

 そこで汪楫が船長か誰かに質問した。「問フ、郊ノ義ハ何ニ取レルヤ。(「郊」とはどういう意味ですか)と。すると相手が答えた。

「曰ク、中外ノ界ナリ。」(中国と外国の界という意味です)。

 汪楫は重ねて問うた。

「界ハ何ニ於テ辯ズルヤ。」(その界はどうして見分けるのですか)。相手は答えた。

「曰ク懸揣スルノミ。(推量するだけです)。然レドモ頃者(ただいま)ハアタカモ其ノ所ニ当リ、臆(おく)度(でたらめの当てずっぽう)ニ非ルナリ。」

 右の文には少々注釈が必要であろう。釣魚諸島は、中国大陸棚が東海にはり出したその南のふちに、ほぼ東西につらなっている。列島の北側は水深二百メートル以下の青い海である。列島の南側をすこし南へ行くと、にわかに水深千数百から二千メートル以上の海溝になり、そこを黒潮が西から東へ流れている。とくに赤尾嶼付近はそのすぐ南側が深海溝になっている。こういう所では、とくに海が荒れる。またここでは、浅海の青い色と深海の黒潮との、海の色の対照もあざやかである。

 この海の色の対照は、一六〇六年の冊封使夏子楊(かしよう)の『使琉球録』にも注目されており、前の使録の補遺(私は見ていない−−井上)に『蒼水ヨリ黒水ニ入ル』とあるのは、まさにその通りだ」とある。そして清朝の初めには、このあたりが「溝」あるいは「郊」、または「黒溝」、「黒水溝」などとよばれ、冊封使の船がここを通過するときには、豚と羊のいけにえをささげ、海難よけの祭りをする慣例ができていたようである。過溝祭のことは、汪楫使録のほかに、一七五六年入琉の周煌の『琉球国志略』、一八〇〇年入琉の李鼎元(りていげん)の『使琉球録』および一八〇八年入琉の斉鯤(さいこん)の『続琉球国志略』に見えている。

 これらの中で、汪楫の使記は、過溝祭をもっともくわしくのべているばかりでなく、溝を郊と書き、そこはたんに海の難所というだけでなく、前に引用した通り、「中外ノ界ナリ」と明記している点で、もっとも重要である。しかもこの言葉が、ここをはじめて通過した汪楫に、船長か誰かが教えたものであることは、こういう認識が、中国人航海家の一般の認識になっていたことを思わせる。

 さらに周煌は『琉球国志略』巻十六「志余」で、従来の使録について、そのとくに興味ある、または彼が重視した記述を再確認しているが、その中で彼は、汪楫の記述を要約し、「溝ノ義ヲ問フ、曰ク中外ノ界ナリ」という。すなわち彼は汪楫とともに、赤尾嶼と久米島の間が「中外ノ界」であると確認し、赤尾嶼以西が中国領であることを、文字の上でも明記している。なお『琉球国志略』は、すぐ後にのべる『中山傳信録』とならんで、中国人のみならず琉球人・日本人にも広く読まれた本で、句読、返り点を施した日本版も一八三一年(天保二年)に出ている。

posted by はなゆー at 02:42| Comment(0) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月08日

鈴木宗男氏を追放した外務事務次官が最高裁の裁判官に栄転していた

岩上安身(ジャーナリスト)
http://twitter.com/iwakamiyasumi/status/23895565221

2002年に鈴木宗男追放キャンペーンを張った、竹内行夫元外務事務次官が、何と今、最高裁の裁判官をつとめているという。司法試験に合格したわけでもない、法曹資格をもたない竹内氏を、外務省から受け入れている最高裁は、司法の独立からかけ離れていると、佐藤優氏は批判する。

posted by はなゆー at 17:15| Comment(2) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〔国別データーベース〕英国BBCの「Country Profiles」

Country Profiles

http://news.bbc.co.uk/2/hi/country_profiles/default.stm

Full profiles provide an instant guide to history, politics and economic background of countries and territories, and background on key institutions.

posted by はなゆー at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〔メモ〕尖閣諸島の領有権問題での日本側に不利な史料いくつか

日本サイドとしては、以下の史料への反論を英語および中国語で発表して、国際世論に説明することが望ましい。


        ↓       ↓



林子平「三国通覧図説」付図「琉球三省并三十六島之図」、釣魚諸島位置図、釣魚諸島略図
http://www.mahoroba.ne.jp/~tatsumi/dinoue16.html




http://www.asyura2.com/0401/senkyo2/msg/866.html

琉球人が釣魚列島を知る機会は、冊封使の来路、または琉球王の使節として中国に渡った者に従って帰路で見る以外は稀だったようである。だから一般の漁民などはほとんど知らず、明治に至って初めて尖閣列島という日本名が付けられた訳である。

日本人の著した著書に釣魚島嶼が最初に出てくるのは林子平の「三国通覧図説」(1785年)である。その琉球分のところに釣魚、黄尾、赤尾の釣魚島嶼の名前が出てくる。残念ながら日本名の尖閣ではなくて(日本名の尖閣島が付いたのが明治33年だからあたりまえだが…)、しかも琉球36島とは明らかに区別して書かれている。また、この「三国通覧図説」は清の康煕58年(1719年)の冊封使徐葆光の「中山傳信録」によるものであり、この「中山傳信録」自体がまた琉球の大学者程順則の著「指南広義」(1708年)によっている。そして、琉球の大学者程順則はこの「指南広義」の中で、「琉球36島」と言って、その範囲を西は久米島、西南は八重山群島から以内の島々を上げるだけで、釣魚、黄尾、赤尾等は上げず、久米島を琉球の西南界だと言っている。琉球人自身にも釣魚島は中国領であることが意識されていたようである。



http://www.asyura2.com/0401/senkyo2/msg/872.html

日本人よりも更に生活の根拠が近かった琉球人はこれらの島嶼をどう見ていただろうか。釣魚諸島の名が見える琉球人の書物は向象賢の「琉球国中山世鑑」と程順則の「指南広義」の二種しか現在までに知られていない。この両書とも島名を中国語で記載し、中国領と見なしている。

台湾や釣魚台列島と、西表島から沖縄本土に至る南西諸島の間には、2000mから4000mに及ぶ深い海溝が横たわっている。昔使った地図帳でもよいから引っ張りだして見てみれば直ぐに分かる。ここは対馬海流と日本海流(黒潮)の源でもある。早い潮流もあり、海が深いせいか波も荒い。船旅をしたことのある人なら分かるはずだ。昔の冊封使達はこの赤尾嶼(中国側)と久米島(琉球側)の間に横たわるこの海溝の辺りを、「溝」もしくは「郊」と呼び恐れた。そしてこの海域に入る時には、羊とか豚とかを生贄に捧げ、神に航海の無事を祈る過溝祭を行ったのである。



http://www.asyura2.com/0401/senkyo2/msg/871.html

沖縄の役人は釣魚台列島が中国領であることを知っていた。そして、山形が調査を内命してきた島々がどうもその釣魚台列島と同一らしいと考えて、国標を建てる事をためらっている。

正式の命令とせず「内命」と言うところにも注意すべきと思う。



http://www.asyura2.com/0401/senkyo2/msg/869.html

中国が釣魚台列島(日本名、尖閣列島)問題を持ち出したのは大陸棚に石油埋蔵が言われてからだと言う論点がある。着眼点は実にいい。ただピントが外れている。石油埋蔵が言われてから目をギラギラさせて急に釣魚台列島(日本名、尖閣列島)に関心を示しだしたのは、実は逆で日本なのである。



http://www.asyura.com/0401/senkyo2/msg/896.html

日本の古代史書の中にも、釣魚島、黄尾嶼……等の名称はないし、尖閣群島の名称もない。明治12年(1879年)日本で出版された「沖縄志」にのっている地図にも、釣魚台列島はない。




http://www.asyura2.com/0401/senkyo2/msg/879.html
★参考になりそうなウェブ文献→
「尖閣」列島〜釣魚諸島の史的解明 井上清 Kiyoshi_INOUE
http://www.mahoroba.ne.jp/~tatsumi/dinoue0.html

ナボナ Long・Life 20個入

ナボナ Long・Life 20個入

価格:2,100円(税込、送料別)

posted by はなゆー at 04:53| Comment(0) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月01日

〔メモ〕菅直人首相にも秘書給与流用の詐欺疑惑(2000年)

もりもとたかおん
http://twitter.com/TakaoMorimoto/status/22343408264

興味深い話し。菅直人にも秘書給与流用の詐欺疑惑があったことになるが、元秘書の山本譲司は服役して、本人は生き延びた。しかしそのあと、横田基地と接する山本の選挙区をゲットしたのは、元石原伸晃公設秘書の長島昭久だ。安保マフィアとの接点もあり、後に菅直人の安全保障アドバイザーとなっている




☆山本譲司
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E8%AD%B2%E5%8F%B8
社会民主連合(当時)菅直人の新聞公募秘書を経て、1989年の東京都議会議員選挙に立川市選挙区から「菅直人の秘書」を看板に立候補し初当選。2期務める。その後、1996年10月、小選挙区制導入後初の衆議院総選挙に中選挙区時代の菅の地盤を引き継ぐ形で東京21区より出馬、初当選。2000年6月に再選。選挙運動中に名前の読みが同じ歌手の山本譲二と共演する等話題を振り撒いていた。

しかし再選間もない2000年9月に秘書給与流用の詐欺容疑で東京地検特捜部に逮捕された。

EVERNOTE スターターパック

EVERNOTE スターターパック

価格:1,350円(税込、送料別)

ラベル:菅直人 山本譲司
posted by はなゆー at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月24日

豪州通による「オーストラリア緑の党」ミニ解説

細川弘明・京都精華大学教授
http://twitter.com/ngalyak
による「オーストラリア緑の党」ミニ解説。

            ↓


オーストラリアの緑の党「The Greens」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%82%A2%E7%B7%91%E3%81%AE%E5%85%9A
は、狭義の環境専門の政党からすでに大きく脱皮して、かつてオーストラリア民主党が担っていた政治的スペクトラム(参加民主主義、文化多元主義、中道左派・改良社会主義、国際協調主義など)をカバーする総合政党に近づいています。

実際のところ、かつてオーストラリア民主党で活躍していた政治家が、今回おおぜいGreensから出馬しています。(オーストラリア民主党はなくなったわけではないのですが、今回もほとんど得票できず、崩壊状態。)

つまり、有権者は必ずしも環境問題を基準に投票したわけではない、というのが実際のところです。

物語オーストラリアの歴史

物語オーストラリアの歴史

価格:903円(税込、送料別)




posted by はなゆー at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

蓮舫議員(反小沢派の旗手)に金銭スキャンダルが浮上するかも

☆蓮舫議員って清廉潔白なの? (地獄への階段)

http://blogs.yahoo.co.jp/voteshop/16532139.html

http://www.asyura2.com/10/senkyo92/msg/893.html

蓮舫さんの場合、金額は少ないけれど、これ政党助成金、すなわち税金の流用疑惑なので、単純な政治資金だけの場合と違って大変重い話だと思います。

(略)

ちなみに、野田財務大臣の”野田よしひこ後援会”が、07年6月20日に開いた政治資金パーティー「野田佳彦君の政治活動20年を祝い激励する会」のパー券を、(株)メディア不動産開発(千代田区麹町2−2−4)が40万円分購入している。

そういや、お二人とも花斉会ですね。




《ウィキペディア》

☆蓮舫
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%93%AE%E8%88%AB

父方の祖母である陳杏村は、戦時中に上海で日本軍を相手として富を築き、戦闘機を日本軍に寄付するなどした。




《上記の「陳杏村」氏に関しては国会質問でも取り上げられたことがある》

☆第052回国会(参議院)  農林水産委員会 第4号
昭和四十一年十一月一日


本日の会議に付した案件

農林水産政策に関する調査
(バナナ等輸入果実その他に関する件)
(国有林野の払下げ等に関する件)


http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/052/0408/05211010408004c.html


○黒柳明君 大臣にしばらく聞いていていただきたいと思うんですが、ここにバナナ業者関係の日刊の通信紙がございます。それは、ただいま申しました砂田勝次郎氏を激励する会、十二月十日の翌日、十二月十一日に発行された内容でございますが、若干長くなると思うんですが、はしょって読みますから、聞いていていただきたいと思います。

 日本バナナ輸入組合理事長砂田勝次郎氏を激励する会は既報の通り、十日正午から午後二時までの間、帝国ホテル「孔雀の間」で開かれた、参会者は故砂田重政氏に縁りのある政界人が多く、世話人の岸信介元首相、川島自民党副総裁、赤城同政調会長をはじめ中村文相、中村運輸相、清瀬前衆院議長、田中同副議長、南条、神田、青木、増田、石田、松田、江崎前・元大臣のほか、自民党国会議員多数、バナナ業界からは樋口荏原青果社長、岡崎磯やバナナ社長、陳杏村輸出同業公会駐日弁事処主任などの顔も見えた、席上、岸、田中、赤城、今松、江崎、川島の諸氏ら、業界から樋口荏原青果社長の激励の辞があり、これに対し令兄の砂田重民代議士、勝次郎両氏より謝辞があり、清瀬前衆議院議長の音頭で乾杯した、砂田勝次郎氏に寄せられた主な激励の辞は次の通り


(略)


◇川島自民党副総裁
(略)
以上でございますが、この記事の中に出てまいります輸出同業公会の駐日弁事処主任陳杏村女史という方は、担当の所管大臣でございます通産大臣、農林大臣とも当然御存じである、このように思うんですが、御存じであるか否か。
(略)


○黒柳明君 
(略)
今度は、通商局のほうですが、通商局のほうは、これは責任上決して陳杏村女史を知らない、こういうことはないと思いますし、また、この砂田勝次郎氏との関係がどういう関係であるか、これも御存じだと思いますから、ひとつ説明をお願いしたいと思います。


○説明員(原田明君) 陳杏村氏は、あるバナナ会社、たしか丸大商事と申しました会社の社長をしておられる方である、こういうふうに存じております。砂田勝次郎さんとどういう御関係がおありになるかというほうは、詳しく存じておりません。


○黒柳明君 大臣の時間が短いので、次長のほうもなるべく短く御答弁される、けっこうだと思うのですが、わかっている事実はどんどんしゃべっていただきたい、こう注文をつけておきます。

 説明が不十分ですから、私のほうで説明を補足したいと思います。けれども、もし不正確な点があったら、誤りがあったら、ひとつ訂正もしていただきたいと、こう思います。

 砂田勝次郎氏と陳杏村氏との関係は、陳杏村氏は、台湾バナナ輸出業者がつくっている連合組織である、ただいま申しました輸出同業公会の理事長もやったことがある。すなわち、台湾バナナ輸出業界の大物なんです、この人は。このことは決して知らないということはないと思いますが、いまの説明には知って言わなかったか知らないで言わなかったかわかりませんが、それが一点。

 二点は、この公会は、かつて日本が台湾バナナ輸入を自由化した当時から、国民政府によって輸出総量の五〇%の割り当てを与えられて、わが国の国内バナナ輸入業者に対して絶大な支配力を持っておる、こういう人が陳杏村。

 三つ目、陳杏村氏の令息に当たる人で謝哲義と謝哲信、こういう人がおります。今度はむすこさんのことですが、それぞれ砂田という日本人商社名をつけた多数のバナナ輸入会社を実質的に支配し、まかされております。この陳杏村氏のむすこさん二人が。たとえば、これは例として、謝哲信さんが取り締まっている会社は三興商事とか、いま言いました砂田産業その他です。謝哲義さんが取締役のポストにある会社としては福光貿易その他です。まだまだ数多くあります。それが三番目の関係です。

 四番目、この駐日弁事処は、日本の業者がかつて輸入バナナ一かごに何百円というリベートを持参しなければ台湾バナナを輸入しない、そういうようなことでリベートを取って、外為法違反容疑で警察から取り調べを受けた事件がある、こういうような点もはっきりしております。

 以上の四点、これは私が調べた陳杏村氏に関係すること、あるいは砂田勝次郎さんに関係すること、その他の事実です。これは私も自信をもって間違いがないと――謄本やなんかあります。これは客観的情勢から見て調べたことです。このことは、当然、いま説明が言われてみれば、そんなことはわかっていたと次長さんのほうはおっしゃるかもわかりませんけれども、そのことを説明していただきたかったと思うのです。


(略)


○黒柳明君 通産大臣にお伺いします。
(略)
なぜ政治力かといいますと、もう一回反復するようですが、繰り返してまとめて言いたいと思いますが、さっきの砂田勝次郎氏を励ます会、ここには、先ほど言いましたように、自民党の大物の各先生方がずらっと出席されております。そこに台湾バナナの総元締めである陳杏村さんも出席している。ところが、この砂田勝次郎さんは、御存じのように、現自民党代議士重民さんの兄弟である。重政さんの御令息でもある。また、この陳杏村さんの息子さん、謝哲信、謝哲義さんは、いずれも砂田勝次郎さんを代表取締役とする砂田産業そのほかの先ほどあげましたような各会社、砂田グループに首を突っ込み、実質的にはその権限を握っている、こういうような関係があるわけです。

真珠郎(DVD) ◆20%OFF!

真珠郎(DVD) ◆20%OFF!

価格:3,192円(税込、送料別)


ラベル:蓮舫 黒柳明
posted by はなゆー at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

「自分の葬式代」を貯金している老人は生活保護を受けられない

平良識子(那覇市議。沖縄社会大衆党)
http://twitter.com/satokukku/statuses/21500683450
那覇市の生活保護受給者が、単純計算で市民30人に1人の割合に上ることが、今日分かった。加えて生活保護基準以下の所得世帯は相当いる。東京中心の国の経済政策を受け入れ、数だけの雇用創出で圧倒的非正規雇用を結果的に、政策的に今でも取り組み続ける自民党政治の完全なる経済政策の失敗である。


平良識子(那覇市議。沖縄社会大衆党)
http://twitter.com/satokukku/status/21502240019
那覇市の全事業所で、中小零細企業の割合は、99.3%に上る。自民党政権時代、自民党候補が経済界と強力に繋がり、この10年、選挙で企業に厳しい締め付けで選挙運動をさせ、国の機密費を持ち込み、自民党体制をほぼ保持した。結果、労働者の疲弊。対抗できなかった私たち側の痛烈な反省を込めて。


平良識子(那覇市議。沖縄社会大衆党)
http://twitter.com/satokukku/statuses/21498301302
那覇市の市民税納税者14万5351人中、非課税者3万8270人(26.3%)、100万円以下所得5万1512人(61.8%)。年収100万以下の市民は、合計で61.8%にのぼる。所得200万円以下を合わせると、8割も占めている。国は年収300万円以下は、貧困層としている。


ちえぞう
http://twitter.com/tchiezinha/status/21502491975
生活保護は車を手放さないと受給できないが、沖縄は車社会。
通院等のため車を手放せず、受給できないケースも多い



平良識子(那覇市議。沖縄社会大衆党)
http://twitter.com/satokukku/statuses/21503553907
そうです。私も何件も生活保護相談を受け、申請手続きを支援してきましたが、車所有で多くの方が断念しました。あるいは自分の葬式代として貯めた貯金を持つ高齢者は、受け付けられなかったのです。 


okizaku(沖縄在住)
http://twitter.com/okizaku/status/21508956344
車社会の沖縄で車を手放さないと生活保護を受けられないなんて本末転倒です。来るべき自立のためにも車は不可欠でしょうに。保護給付をしたくない行政の言い訳にしかみえません。アホちゃうかと思います。



平良識子(那覇市議。沖縄社会大衆党)
http://twitter.com/satokukku/status/21511370607
国の生活保護法による受給基準がそうなっているのです。国が基準緩和
をするか、あるいは沖縄が一国二制度等で独自の法整備基準改定できる権限を持たない限り、車を持って生活保護は受けられないでしょう。うちの国会議員に働きかけます。市にも厚労省に要請するよう取り上げます。



okizaku(沖縄在住)
http://twitter.com/okizaku/status/21514875919
そうか、生活保護は法定受託事務でした。国の基準が法的に自治体を拘束するのか疑問なのですが。ご存じかと思いますが、日弁連が5月に意見書を出しているようです。

             ↓

生活保護における生活用品としての自動車保有に関する意見書

2010年5月6日 日本弁護士連合会

http://www.nichibenren.or.jp/ja/opinion/report/100506.html

現在の生活保護行政においては、生活に困窮した市民が福祉事務所の窓口を訪れても保護の申請ができずに追い返されてしまう、いわゆる「水際作戦」が広く行われており、正当な保護受給要件のある人が申請を断念させられ、保護受給者の数を減らす結果を招いています。この「水際作戦」の一つの典型例となっているのが、「車を処分しなければ保護は受けられない」という対応であり、その背景には極めて限定された場合に限って自動車の保有を認め、自動車保有を過度に制限する各種通知等の存在があります。

これに関し、日弁連では2010年5月6日付けで意見書を取りまとめ、5月14日に厚生労働省に提出しました。



ラベル:平良識子
posted by はなゆー at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

〔メモ〕三原じゅん子議員が長く広告塔となっていたダイエット企業

270 名前:無党派さん[]
投稿日:2010/08/16(月) 08:45:48 ID:xELQTWeE [2/3]

『三原じゅん子と子宮頸がんワクチン』 広告塔
荒井美加
【未来を創る瞳 観知る瞳】
http://ameblo.jp/future-eye/entry-10605675911.html

>>三原じゅん子といえば まず私はこの広告が頭に浮かびます

これは今月の雑誌に掲載されていた広告をスキャナーで取り込みました

クリックで大きくなります

なにやら怪しげなダイエット・サプリメントを無料で提供するとの広告です

送料だけ負担すれば何度でも購入できるとの事ですが ・・・・・

この商品を検索で軽く調べたのですが 効果がないとの話ばかりですね

こういったものの広告塔を長くしている人が議員になるのも日本国であります




DIARES(ダイアレス)の効果は? - 口コミ満載のダイエットカフェ
http://www.diet-cafe.jp/2008/08/diares.html
>>三原じゅん子が広告出てたから信じたのに…がっかりでした。
全く痩せず…つーか、一食ダイアレスに置き換えれば痩せるのは当たり前。
体調最悪だし… めまいはするし、風邪引くと治らないし…

あと最悪だったのは、12枚 商品についてる応募券を送ると「ブランド品のポーチ」プレゼントって書いてあったから送ってみたら、ブランド品のハンカチが送られてきた。いつの間にか応募枚数が変わってたようだ。紙が入ってきてた。
こんなインチキ会社の広告の手伝いしてる三原じゅん子が選挙出るなんて…
世の中、どうなってんだか…

ラベル:三原じゅん子
posted by はなゆー at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする